久保建英・速達まとめたる

最新の久保建英に関するニュースはこちら。久保建英ニュース記事一覧。クラブだけではなく家族や生活に関する記事もお伝えします!あなたが知りたい情報が見つかるかも!

    タグ:日本


    【無意味な采配】ミャンマー撃破の日本に韓国紙指摘 久保ら投入の森保采配は「なんの効果もなかった」 | ニコニコニュース


    「後半、伊東純也、鈴木武蔵、久保建英と3人のアタッカーを投入したのは、攻撃で苦しんでいる証だった。しかし、なんの効果もなかった」


    日本のファンもそう思ってますね。

    決めて欲しかったですね!例え相手が守備を固めて来てもそれでも決めきれる連携や崩しが見たかったです。

    前半に幸先よく2点のリードを奪うも追加点ならず 最後のカード18歳久保を投入も…

     森保一監督率いる日本代表は、10日にカタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選の初戦となる敵地ミャンマー戦に2-0と勝利し、白星スタートを切った。前半にMF中島翔哉ポルト)、MF南野拓実(ザルツブルク)のゴールで2点のリードを奪うも、その後はボールを支配しながら追加点を奪えず。韓国紙「日刊スポーツ」は、交代策について「なんの効果もなかった」と厳しく言及した。

     日本は5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)とまったく同じメンバー11人を、ミャンマー戦のスタメンに起用。前半16分、DF冨安健洋(ボローニャ)の縦パスを受けた中島が左サイドからカットインを仕掛けると、ペナルティーエリア外から右足を振り抜き、豪快なミドルで先制ゴールを奪った。その10分後の同26分、今度はMF堂安律(PSV)のクロスに南野がドンピシャのヘディンシュートで合わせて追加点を挙げた。

     その後もボールを支配しながら3点目を奪えなかった日本は、後半20分にMF伊東純也(ヘンク)、同31分にはFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)を投入。その5分後にはW杯予選の最年少記録更新となった18歳89日のMF久保建英(マジョルカ)も起用して得点を奪いに行ったが、結局ゴールネットを揺らせないまま2-0でタイムアップを迎えた。

     難しいアウェーゲームで白星スタートを切ったとはいえ、不完全燃焼に終わった感は否めない。韓国紙「日刊スポーツ」は、「FIFAランキング33位の日本は、135位のミャンマーを下し、今W杯予選で初勝利を手にした。彼らは早い段階で2ゴールしたが、後半は敵のプレッシャーに手を焼き、汗を流さなければならなかった」と後半に予想外の労力を要したとし、森保監督の交代策についても分析している。

    「後半、伊東純也、鈴木武蔵、久保建英と3人のアタッカーを投入したのは、攻撃で苦しんでいる証だった。しかし、なんの効果もなかった」

     韓国メディアの目にも、ダメ押しの3点目以降を奪えなかった点は課題に映ったようだ。(Football ZONE web編集部)

    追加点を奪えなかった日本代表に対し、韓国メディアが厳しく言及【写真:Yukihito Taguchi】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【無意味な采配】ミャンマー撃破の日本に韓国紙指摘 久保ら投入の森保采配は「なんの効果もなかった」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    確かにここ最近だけでもかなりの日本人が海外に移籍されていますよね(・・;)

    リーグによっても違うと思いますが、やはり全体的に海外の方が上手い人が多いイメージがあります!


    移籍によって結果的に日本のレベルが上がれば嬉しいですね!

    1 Egg ★ :2019/08/02(金) 06:11:35.35 ID:/d6YNED29.net


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    今夏、海外に移籍したのは久保建英だけではありません Photo:NurPhoto
     今夏の移籍市場で、Jリーガーたちが続々とヨーロッパへ新天地を求めている。7月末の時点で、森保ジャパンや年代別の日本代表に名前を連ねた11人が移籍を決断した。今年1月の移籍市場でも多くの選手が海を渡るなど、ここにきて海外移籍が一気に活況を呈している。日本サッカー界で何が起こっているのか。目まぐるしく変化する舞台裏の動きを追った。(ノンフィクションライター 藤江直人)

    ● レアル・久保建英だけじゃない わずか半年で18人が欧州へ移籍

     Jリーガーの海外移籍ラッシュが続いている。今夏の移籍市場がオープンになるや、FC東京から世界一のビッグクラブ、レアル・マドリードの一員になった久保建英をはじめとして、7月末の時点で実に11人がヨーロッパに新天地を求めた。顔ぶれは下記のようになっている。

     シュミット・ダニエル GK 27歳 ベガルタ仙台→シントトロイデンVV(ベルギー)
    鈴木優磨 FW 23歳 鹿島アントラーズ→シントトロイデンVV(ベルギー)
    安西幸輝 DF 24歳 鹿島アントラーズ→ポルティモネンセSC(ポルトガル)
    安部裕葵 FW 20歳 鹿島アントラーズ→FCバルセロナ(スペイン)
    久保建英 MF 18歳 FC東京→レアル・マドリード(スペイン)
    天野純 MF 28歳 横浜F・マリノス→ロケレン(ベルギー2部)
    前田大然 FW 21歳 松本山雅FC→CSマリティモ(ポルトガル)
    北川航也 FW 23歳 清水エスパルス→SKラピード・ウィーン(オーストリア)
    菅原由勢 DF 19歳 名古屋グランパス→AZアルクマール(オランダ)
    中村敬斗 FW 19歳 ガンバ大阪→FCトゥエンテ(オランダ)
    小池龍太 DF 23歳 柏レイソル(J2)→ロケレン(ベルギー2部)
     
     いずれも各クラブで主力を担い、小池を除けば、森保ジャパンや年代別の日本代表に選出された選手ばかりだ。さかのぼれば今年1月の移籍市場でも、次の選手たちが海を渡っている

    ダイヤモンドオンライン8/2(金) 6:01
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190802-00210588-diamond-soci


    【【サッカー】<日本人サッカー選手の前例なき「海外移籍」ブーム>わずか半年で18人が欧州へ移籍!2つの理由...】の続きを読む

    このページのトップヘ