久保建英・速達まとめたる

最新の久保建英に関するニュースはこちら。久保建英ニュース記事一覧。クラブだけではなく家族や生活に関する記事もお伝えします!あなたが知りたい情報が見つかるかも!

    カテゴリ: マジョルカ



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    やっとこういったプレーが見れるのは嬉しいですね(*゚∀゚*)

    なんやかんや後半からの負け試合とか既に試合が決まった中での出場機会が多かったので、
    0対0の中でのあの仕掛けはとても良かったと思います!


    味方には決めて欲しかったですけど。

    1 Egg ★ :2019/09/14(土) 16:21:37.93 ID:11EbFgcT9.net

    スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間13日のリーガ第4節アスレティック・ビルバオ戦に途中出場。国際Aマッチウィークの強行軍のなか、PK奪取のプレーを披露した。キッカーのシュートミスでゴールこそならず、試合は0-0の引き分けに終わったが、スペインメディアは「ティキ・タケ」「催眠術をかけた」と報じている。

    後半35分、巧みなドリブルで相手DFユーリのファウルを誘発してPKを獲得

    【動画】「魔術師タケに催眠術をかけられた」…マジョルカ久保が“魔法のドリブル”でPK奪取
    https://www.football-zone.net/archives/217446/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=217446_6

     日本代表の一員として5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)、10日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選ミャンマー戦(2-0)に出場した久保。11日にチームに再合流したが、代表活動参加でチームメートとの練習はほとんどできず、強行軍の疲労も懸念されるなか、ビルバオ戦はメンバー入りしてベンチスタートとなった。

     出番が回ってきたのは0-0で迎えた後半18分。右サイドハーフに入ると同35分に魅せる。ペナルティーエリア手前右でボールを受け、細かいタッチでドリブル突破。フェイントから縦に持ち出し、相手DFユーリのファウルを誘発してPKを獲得した。キッカーのスペイン人FWアブドン・プラツがPKを枠外に外し、決勝ゴールとはならなかったが、疲労を感じさせないプレーを見せた日本代表MFにはスペインメディアも着目した。

     スペイン紙「マルカ」は、「パルマで“ティキ・タケ”をプレー」と“ティキ・タカ”と久保の名前をかけて見出しを展開。「久保の最初のトリック。リーガ2度目のパフォーマンスで称賛を手にした。自転車に乗ったかのように、急な方向転換でユーリを破壊。(ユーリは)魔術師タケに催眠術をかけられ、ペナルティーを与えてしまった」とPK奪取のプレーを称えている。

     勝利にこそ導けなかったものの、久保が自身のプレーでマジョルカファンの心をつかみつつあるのは間違いないだろう。

    9/14(土) 9:01 フットボールゾーン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190914-00217446-soccermzw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    「魔術師タケが相手に催眠術をかけた」久保建英の“トリック”を地元紙が称賛
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-43471623-gekisaka-socc

    ビルバオ戦でPK奪取、久保建英にマジョルカ指揮官が賛辞「若いがとても優れた選手」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00010005-goal-socc

    「魔術師クボがトリックを披露」「電撃的なドリブルだ」PK奪取の久保建英をスペイン各紙が激賞!
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190914-00064128-sdigestw-socc

    1 Egg ★ 2019/09/14(土) 10:03:31.32
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568423011/


    (出典 Youtube)


    【【サッカー】<久保建英(マジョルカ)>巧妙ドリブルからのPK奪取にスペイ各紙が激賞!「魔術師クボがトリックを披露」】の続きを読む


    “久保効果”でマジョルカSNSが大盛況! 1週間でフォロワー急増とスペイン紙注目 | ニコニコニュース


    この1週間でクラブのSNSのフォロワー数が急増したことを“久保効果”として伝えた。


    久保効果ですね!(๑╹ω╹๑ )

    どんどん増えて行きましょう!

    久保が加入した1週間でツイッターのフォロワー数は約1万1000増加

     日本代表MF久保建英は今夏レアル・マドリードからマジョルカに期限付き移籍し、リーガ・エスパニョーラの舞台にも早速デビューした。その一挙手一投足が注目されるなかにあって、同じく所属するマジョルカにも目が向けられている。スペイン紙「マルカ」は、この1週間でクラブSNSのフォロワー数が急増したことを“久保効果”として伝えた。

     同紙によるとマジョルカはこの2年間でツイッターフェイスブックインスタグラムで約16万以上のフォロワーを獲得した。その内訳はツイッターが約9万、インスタグラムが約6万、フェイスブックが約1万となっている。2シーズン前はセグンダB(3部)に所属していたクラブながらV字回復を果たしたことで、注目度が上がっている証拠だが、久保が加入した1週間は“うなぎのぼり”などだという。

    レアル・マドリードからのローンでタケフサ・クボが加入したことで、マジョルカはアジア市場に参入するためのブランドが、世界に広がることを目にしている。マジョルカはクボが加入した1週間だけでフォロワー数が1万1000の増加、インスタグラムのインタラクションも25万、そしてフェイスブックの『いいね!』も261%も増加することになった」

     3部から2部、2部から1部と2シーズン連続で昇格を果たしたマジョルカの快進撃は、スペイン国内でも注目されているが、“久保効果”は想像を超えるものだったのだろう。そのなかで久保がさらなる活躍を見せれば、オンライン上でのフォロワー数はもっと増えるのかもしれない。(Football ZONE web編集部)

    MF久保建英はピッチ外にも大きな影響を与えている【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【“久保効果”でマジョルカSNSが大盛況! 1週間でフォロワー急増とスペイン紙注目 | ニコニコニュース】の続きを読む


    マジョルカ、”クボマニア”を利用するため日本に視察スタッフ派遣か | ニコニコニュース


    マーケティングのスタッフを日本に派遣し、視察に訪れたようだと伝えている。



    日本でのビジネス展開を進めていく感じですかね(゚ω゚)

     マジョルカのスタッフが視察のため、日本に訪れていたようだ。スペイン紙『アス』が伝えている。

     日本代表MF久保建英が、レアル・マドリードから8月22日に期限付きで移籍したことで知られるマジョルカ。プレシーズンで活躍した久保は、1日に行われ、0-2で敗れたリーガ・エスパニョーラ第3節バレンシア戦で、途中出場から早くもデビューを果たしている。

     過去にはFW大久保嘉人やMF家長昭博が所属したマジョルカは今回、久保の加入をきっかけにさらに日本からの知名度が上がった。同紙によると、クラブはこのクボマニア(久保の熱狂)を利用したいと考えており、日本の新たな市場を開拓したいと考えている模様。マーケティングのスタッフを日本に派遣し、視察に訪れたようだと伝えている。

    マジョルカに加入した久保 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【マジョルカ、”クボマニア”を利用するため日本に視察スタッフ派遣か | ニコニコニュース】の続きを読む


    久保建英と「悲しいデビュー」の要因 マジョルカで高まる期待と早期“融合”の難しさ | ニコニコニュース


    マジョルカの地元紙「ウルティマ・オラ」は「輝きのない場面でのデビューとなった」と、すでに試合がほぼ決まっているなかでの出場だったことを強調している。


    だからこそ歩くよりは走ったりしていた方がよかった気がしますが(・・;) 歩いた方がよかったりするんですかね。

    スペイン発コラム】敵地バレンシア戦で待望のデビュー 劣勢のなかでの難しい試合に…

     日本代表MF久保建英レアル・マドリードからマジョルカへの期限付き移籍は、8月22日に突如として決定した。そして3日後のリーガ・エスパニョーラ第2節、ホームで行われるレアルソシエダ戦に向けて、わずか2回の練習参加ながら、今夏スペインで大きな話題となった18歳アタッカーの招集メンバー入りへ注目が集まっていった。

     試合当日、チームバスにジャージ姿で乗り込み会場入りした久保を目撃した瞬間、1部リーグデビューの可能性が感じられた。オフィシャルショップでは久保の名前入りユニフォームがすでに販売され、キックオフ前には完売に。これはマジョルカサポーターの大きな期待の表れと言っていい出来事だった。

     しかし最終的に久保はベンチ入りメンバーに入ることができず、マジョルカでの初戦はスタンド観戦。チームレアルソシエダに0-1で敗れている。

     試合翌日の練習後、久保がビセンテ・モレーノ監督から身振り手振りを交えてのマンツーマン指導を受ける場面があった。5分ほど続いたその瞬間は、加入間もない久保が監督と信頼関係を築くための重要な時間のように感じられた。

     さらにモレーノ監督は、アウェーで行われる第3節バレンシア戦2日前の記者会見で「今週しっかりと練習してきたので招集メンバー入りの可能性がある」と久保にデビューチャンスがあることを明かした。そして試合当日のキックオフ1時間前、久保の初のベンチ入りが確定したのだった。

     気温34度という暑さのなか、マジョルカは前半、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場チームの強豪バレンシアを上回るチャンスを作ったが、PKによる前半43分と後半12分の2失点と、バレンシアが時間の経過とともに調子を上げてきたことにより、後半は完全に劣勢となった。

     久保は後半5分にアップを開始すると、同34分に待望の瞬間が訪れる。ついに1部リーグ、そしてマジョルカでの公式戦デビューを果たした。またこれは、欧州4大リーグスペインイングランドドイツイタリア)での日本人最年少出場記録でもあった。

     久保は4-2-3-1の右サイドハーフプレー。しかしボールを上手くもらうことができず、積極的にドリブルを仕掛けるシーンもあったが相手にカットされ、なんのインパクトも残せないままデビュー戦を終了している。

    バレンシア戦の「11分間」に見えた双方の戸惑い

     バレンシア戦の「11分間」を見る限り、久保がチームフィットしていない最大の要因は、やはり練習時間の短さにあるのだろう。久保がフリーな状態でもチームメートがパスを出さずに他の選択肢を選んでいたのは、お互いの動きをまだ理解できていないからだろう。

     また、マジョルカが開幕から3試合、同じスタメンで戦っていることも久保が上手く生きなかった理由として挙げられるかもしれない。そのような状況のなかで、試合途中からピッチに入るのは容易ではない。新天地デビュー戦であれば、なおさらだ。さらに格上のバレンシアに2点をリードされた厳しい展開のなかで投入されたという、ネガティブな要素もあった。

     試合後のスペイン各紙は一様に、この日の久保のプレーに評価できる部分はほとんど何もなかったと見ているようだ。実際、スペイン紙の「マルカ」は評価なし、「AS」は1点(3点中)をつけ、プレーについては何も触れなかった。

     マジョルカの地元紙「ウルティマ・オラ」は「輝きのない場面でのデビューとなった」と、すでに試合がほぼ決まっているなかでの出場だったことを強調している。

    日本代表戦で約2週間の離脱 2連敗中のマジョルカも立て直しが急務

     同じく地元紙「ディアリオ・デ・マジョルカ」は、「久保と(ヤニス・)サリビュルの悲しいデビュー」と題し、加入したばかりの2選手がともに「ほとんどプレーに参加しなかった」と記した。そして久保については、「自身のクオリティーをほとんど見せられず、唯一カウンターボールを持った際にそのスピードを披露したが何も残せなかった」と言及している。

     久保はバレンシア戦後、日本代表に合流し約2週間チームを抜けることになる。一方、2連敗中のマジョルカはその間、9月13日の第4節アスレチック・ビルバオ戦に向けてチームの立て直しを図っている。そのため久保がレギュラーの座を勝ち取るのは、まだ先のことになりそうだ。(高橋智行 / Tomoyuki Takahashi)

    マジョルカの久保建英【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【久保建英と「悲しいデビュー」の要因 マジョルカで高まる期待と早期“融合”の難しさ | ニコニコニュース】の続きを読む


    久保建英はマジョルカに「収益をもたらす」 クラブスタッフの“来日営業”にスペイン紙注目 | ニコニコニュース


    「マジョルカと日本企業がスポンサー契約を結ぶとなっても、初めてのことではない。過去にはオオクボとアキ(家長)が在籍していることを理由に何個かの契約を結んだからだ。しかしクボについては、保有権がアジアで最も人気のあるクラブの一つであるレアル・マドリードにあるということもあり、影響が非常に大きくなっている」


    このままだとアジアマーケティングだけになってしまいますね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

    久保が日本代表活動に励むなか、マジョルカから2名のスタッフが来日中

     レアル・マドリードからマジョルカに期限付き移籍したMF久保建英は現在、カタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選に向けた日本代表に合流している。その一方でマジョルカ側も久保が加入したチャンスを逃さない手はないと、2人のクラブスタッフが東京で“営業活動”を行なっているようだ。スペイン紙「エル・ムンド」が伝えている。

     記事では「久保は現在代表チームに集中している」と5日のパラグアイとのキリンチャレンジカップ、10日のW杯予選ミャンマー戦に向けてトレーニングに励んでいることを紹介。それとともに同紙が伝えているのは、スポンサーやマーケティングの交渉を行なうため、マジョルカ側が動きを見せていることについてだ。

    「現状、日本人のタケ・クボは、ピッチ上ではまだ目に見える効果を発揮していないが、収益をもたらすことになりそうだ。マジョルカのコミュニケーション担当アルベルト・サラスと、マーケティング担当のジョアン・セラが昨日東京に飛び、レンタル移籍で加入した選手に興味を持つ多くの日本企業とコミュニケーションの場を持った。それはスポンサー契約締結に関心を持つ企業だ」

     1年間の期限付きとはいえ、日本での大きな注目を集める久保の加入について、生かさない手はないと考えているようだ。そこには過去にFW大久保嘉人ジュビロ磐田)、MF家長昭博(川崎フロンターレ)の2人が所属していたことも関係しているという。

    「マジョルカと日本企業がスポンサー契約を結ぶとなっても、初めてのことではない。過去にはオオクボとアキ(家長)が在籍していることを理由に何個かの契約を結んだからだ。しかしクボについては、保有権がアジアで最も人気のあるクラブの一つであるレアル・マドリードにあるということもあり、影響が非常に大きくなっている」

     過去の日本人選手のノウハウを生かしつつ、久保の知名度の高さを生かせるか。マジョルカ側もビジネスチャンスとして捉えているのは間違いない。(Football ZONE web編集部)

    マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【久保建英はマジョルカに「収益をもたらす」 クラブスタッフの“来日営業”にスペイン紙注目 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ