久保建英・速達まとめたる

最新の久保建英に関するニュースはこちら。久保建英ニュース記事一覧。クラブだけではなく家族や生活に関する記事もお伝えします!あなたが知りたい情報が見つかるかも!

    カテゴリ: 海外日本人選手


    “堂安→久保”で変化は? フル出場の南野拓実が語る両翼との関係性「やり方は少し…」 | ニコニコニュース


    「(久保は)今日もゴールにしっかり向かっていたと思う。(堂安と)2人のプレースタイルは少し違うけど、僕のやることは変わらないですね。左サイドは(入る人によって)どっちがどうというのはないけど、やり方は少し変える。元気くんは割と張ってスタートするので、お互いのスペースを潰さないようにする」


    チームメイトによって自分の動きも変えていく必要はありますよね(・・;)

    パラグアイ戦でトップ下として2列目で唯一フル出場、1ゴールを挙げ好アピール

     日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)が、5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)で森保ジャパン6点目を挙げた。10日のカタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選ミャンマー戦(ヤンゴン)に向けた“テストマッチ”となる一戦で、前半30分にDF酒井宏樹マルセイユ)の右サイドからのクロスを決め、2点目をマーク。フル出場でチーム最多タイのシュート5本を放ち、トップ下として健在ぶりをアピールした。右サイドには前半にMF堂安律(PSV)、後半からはMF久保建英(マジョルカ)が入り、それぞれと連係を図った南野は、試合を通して得た感触を語った。

     背番号「9」の存在感を示す90分間だった。W杯予選開幕に向けた最終確認の一戦で、攻撃陣の先発は“いつもの”4人が占めた。MF中島翔哉ポルト)と堂安、FW大迫勇也ブレーメン)からなるカルテットは、森保ジャパン発足時から1年間かけて築いた連係の緻密さが増し、まさに“あうんの呼吸”。南野は試合開始から攻守に絡み、前半15分には大迫からの浮き球パスに反応し、左足シュートを放つもわずかに右へと逸れた。

     前半23分に大迫のゴールで先制した日本は、その後も攻撃の手を緩めず、同30分に左サイドの中島がサイドチェンジしたパスに酒井が走り込みワンタッチで折り返すと、中央で待ち構えた南野が右足で合わせた。2月1日アジアカップ決勝カタール戦以来となる森保ジャパン6点目。大迫の7点に続くゴールゲッターは「次からアジア予選。今日が(予選前)最後の試合だったので、いい形で臨むためにも勝ちたかったし、良い結果が欲しかった」と、嬉しそうに振り返った。

     中島、堂安、大迫との連係は試合を重ねるごとに高まっている一方、この日は後半から右サイドに久保、左サイドにMF原口元気ハノーファー)が入り、南野にとって両脇のメンツががらりと変わった。前線で唯一フル出場だった南野は、2列目の連係においてどのような印象を抱いたのだろうか。

    「(久保は)今日もゴールにしっかり向かっていたと思う。(堂安と)2人のプレースタイルは少し違うけど、僕のやることは変わらないですね。左サイドは(入る人によって)どっちがどうというのはないけど、やり方は少し変える。元気くんは割と張ってスタートするので、お互いのスペースを潰さないようにする」

     試合後の取材エリアでは表情を崩さず、冷静に分析した24歳。熾烈な競争を繰り広げる2列目だが、どの組み合わせでも“最適解”だと示すためには、中央で両サイドを操る南野の工夫が必要となりそうだ。(Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)

    (左から)MF原口、MF中島、MF南野、MF堂安、MF久保【写真:高橋学&Noriko NAGANO】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【“堂安→久保”で変化は? フル出場の南野拓実が語る両翼との関係性「やり方は少し…」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    レアル中井卓大、街中で同僚と撮影! ピンクTシャツと白シューズの私服姿で笑顔 | ニコニコニュース



    (出典 www.football-zone.net)


    その狭き門を突破すれば、今夏に日本代表MF久保建英(マジョルカ)が在籍していたカスティージャ(レアルB)が見えてくる。



    レアルトップチームでの中井くんが出るところを想像するとやばいですね(´⊙ω⊙`)

    今季フベニールCに昇格した中井、同僚DFが街中で撮影した写真を公開

     15歳MF中井卓大はレアル・マドリードの下部組織に在籍し、トップチームへの階段を駆け上がるなか、カテゴリーを上げた今季も順調に溶け込んでいるようだ。同僚が街中で撮影した私服ショットインスタグラムアップしている。

     中井は昨季レアル下部組織カデーテA(U-16相当)に在籍し、4月に日本で行われた16歳以下の国際親善大会「U-16キリンレモンCUP」に参戦。桐光学園戦でキャプテンマークを巻いてスタメン出場を果たし、チームは決勝まで勝ち上がったが、惜しくも準優勝に終わった。

     そうして迎えた新シーズン、中井はカデーテAからフベニールCへ昇格。17歳から19歳が在籍するフベニールはC、B、Aの三つに分かれており、年齢に関係なく実力至上主義でカテゴリーを上がれる。その狭き門を突破すれば、今夏に日本代表MF久保建英(マジョルカ)が在籍していたカスティージャ(レアルB)が見えてくる。

     そんななか、今季ともにフベニールCに昇格したモロッコ出身のDFマーベルが自身のインスタグラムを更新。街中で撮影した写真をアップし、ピンクTシャツと白シューズを着用した私服姿の中井も写っている。

     レアル公式サイトには、愛称の「Pipi」で登録されている中井。熾烈な競争が待ち受けるなか、さらなる活躍に期待が懸かる。(Football ZONE web編集部)

    レアル・マドリードの下部組織カデーテAに所属するMF中井卓大【写真:松岡健三郎】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【レアル中井卓大、街中で同僚と撮影! ピンクTシャツと白シューズの私服姿で笑顔 | ニコニコニュース】の続きを読む


    久保建英と安部裕葵、メカクラブ入り礎を作った恩師の教えと「一流の証」の共通項 | ニコニコニュース



    (出典 www.soccer-king.jp)


    世界屈指の名門に移籍した2人の若き才能にはある共通点がある。独自メソッド「KOBA式体幹・バランストレーニング」の開発者でもあるプロトレーナー木場克己氏に長年師事し、フィジカル能力を進化させたことだった。



    あの木場さんから教えてもらっていたんですね(´⊙ω⊙`)
    長友さんを教えたことで有名ですが、体幹がしっかりしているなと思ってましたが納得です!

    恩師の木場克己氏はいかにして2人のフィジカル能力を進化させたのか

     欧州のサッカーシーズンがついに開幕を迎えた。日本代表で注目を集めているのはレアル・マドリードに移籍したMF久保建英バルセロナに加入したFW安部裕葵。世界屈指の名門に移籍した2人の若き才能にはある共通点がある。独自メソッド「KOBA式体幹・バランストレーニング」の開発者でもあるプロトレーナー木場克己氏に長年師事し、フィジカル能力を進化させたことだった。彼らはいかにしてメガクラブに辿り着いたのか――。

     小学4年生だった久保少年との出会いは2012年だったと、木場氏は振り返る。

    2012年に、講演会に出席していた建英のお父さんが体幹・バランストレーニングを体験させたいというところが入り口でした。目的は体幹・バランストレーニングで怪我をしない体作りというコンセプトスタート地点。小4だったので、年齢的にはまだ子供だったので、そこまで筋肉がつくわけではない。体幹の強さより、むしろいかに頭がブレない姿勢を作れるかが大事でした」

     当時から長友佑都(現ガラタサライ)らトップアスリートを指導していた木場氏。当時バルセロナの下部組織に所属していた久保の父親からの依頼が“師弟関係”の始まりだった。そこから7年間、久保は木場氏の開発したトレーニングを継続している。

    スタートで建英に言ったことは、いかに成長痛を回避するか。彼には成長する中でも腰痛にならないためのプログラムを開発しました。当時、股関節の硬さと筋肉の硬さという弱点はあった。その半面、サッカーに関してのテクニックは絶大でした。

     テクニックの向上につながる体幹とバランス強化のメニューを組みながら、同時進行でテクニックプラスして体の作り方というテーマに中長期計画で取り組みました。小学生から中学生中学生から高校生に上がる年齢に合わせた体力作り、トレーニングメニュー作りというのはすごく大事。その部分を本人に理解させるところからのスタートでした」

     小学生時代の久保のトレーニング映像などを振り返ると、確かにストレッチなどでは体が硬く見える。現在はウォーミングアップでは柔軟性を発揮しており、幼少時ですでにフィジカル面の弱点を克服してきた証明でもある。

    久保と安部の共通点は「プロ意識の高さ」

     一方、安部との出会いは広島・瀬戸内高1年時。同校サッカー部のコンディショニングアドバイザーを務めた縁だった。

    「月に直接1度、体幹、バランスを指導していました。2年生までは目立たない存在でしたが、座学で体幹の重要性をずっと説明していました。その中でも必ず長友らトップアスリートの話は出てくる。長友は腰痛を抱えてからのトレーニングスタートでしたが、体幹を鍛えることで怪我をしない体ができるという認識が、安部にとっては入り口になったと思います。2人とも長年トレーニングを通じて、自分の体の変化に気付いていったと思います」

     また久保と安部、両者には大きな共通点があるという。

    「プロ意識の高さですね。真面目さ、継続性です。色々なトレーニング、様々なアプローチが存在する中で、自分のメソッドを実直に取り組み続ける。継続は力なりと言いますが、そこは大きな才能です。安部は周囲から色々紹介されたようですが、最終的には『選んだのはKOBAトレですよ』と話してくれたのはすごく嬉しかったですね。

     彼は免許のない時代に鹿島から亀戸のジムまで長距離バスでやってきました。建英は自分の講演会まで足を運んできたこともありました。講演の合間の時間にわざわざトレーニングしたい、という熱意があった。凄い才能の持ち主でも、継続性のないアスリートと出会うことがありました。プロ意識が低いままで、才能の全て開花させるケースはあまり多くありません。そこまでするのか、という真剣度が一流の証だと感じています」

     そして、強固な師弟関係もまた共通項だという。

    「彼らに『今日どんなトレーニングにしようか?』と質問すると、2人の答えはいつも『全部、任せます』と。トレーニングの結果がパフォーマンスや体の進化で表れている。だからこそ『任せる』という言葉になって、100%の努力で取り組んでくれる。ビッグクラブに移籍した2人ですが、そこも共通点でしょうね」

     久保はバルセロナFC東京横浜M、安部は鹿島と所属クラブがありながら、木場氏のメニューを欠かさなかった。特性ゴムチューブやファンクショナルマットなどを用いる独自のトレーニングメソッドを誇る木場氏。海外移籍を果たしたサッカー選手のみならず、現在では数々の五輪競技の日本代表候補選手もその門を叩くようになっている。

     最大のトレーニング効果を引き出す名伯楽との出会いは日本サッカー界の次代を担う至宝にとって、かけがえのない財産となったかもしれない。(THE ANSWER編集部)

    木場 克己
    KOBA式体幹バランストレーニング協会代表、プロトレーナー
    小学2年生で柔道を始め小学6年生の南九州柔道大会で優勝・優秀選手賞をもらう。
    中学3年生のとき県内の大会のタイトルを優勝で飾る。全九州大会団体の部で優勝・県大会軽量級個人戦2位。
    高校レスリングを始め56kg級九州大会で優勝。インターハイ・国体は団体戦3位の成績。
    腰椎圧迫骨折で現役を退き医療人の道へ。
    鍼灸師・柔道整復師・FC東京ヘッドトレーナー(1995~2002)・ガンバ大阪ユーストレーニングアドバイザー(2016年~)・長友佑都専属トレーナー

    レアル・マドリードのMF久保建英、バルセロナのMF安部裕葵【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【久保建英と安部裕葵、メカクラブ入り礎を作った恩師の教えと「一流の証」の共通項 | ニコニコニュース】の続きを読む


    トーレスが久保建英と安部裕葵にエール「スペインではミスが認められる」 | ニコニコニュース



    (出典 f.image.geki.jp)


    日本では、選手はミスを許されないというところを見てきた。それでは若手の選手たちはミスを恐れるようになってしまう。

    トーレスさんが言うほどのことなので、日本のミスに対する意識はキツイものなんですね(・・;)

     サガン鳥栖に所属する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが、レアル・マドリードへ移籍した日本代表MF久保建英バルセロナへ移籍した同MF安部裕葵についてコメントした。

     トーレスは、久保と安部のスペイン移籍は「日本サッカー界にとって大きな一歩だ」と話し、その理由を次のように述べた。

    「若い選手がスペインビッグクラブに行くのは嬉しいね。彼らの年齢では多くのことが学べて、素晴らしい選手になることができる。日本では、選手はミスを許されないというところを見てきた。それでは若手の選手たちはミスを恐れるようになってしまう。ミスしてはいけないと考え始めてしまうと、選手として成長できない。スペインでは多くのミスをすることが認められているから、挑戦することができる」

     そして日本サッカー界の将来を担う二人にエールを送った。

    「彼らは開放的で、学ぶ意欲がある。彼らはスペインで最大の2クラブにいる。やり方を教えてもらえると思うよ。2人とも素晴らしい才能を持っている。彼らの幸運を祈っているよ。世界中に日本の豊かな才能を見せることができるからね。彼らは素晴らしい選手たちで、チャンスが必要なだけだ。彼らの活躍は日本サッカー界にとって重要だ」


    トーレスが久保建英と安部裕葵にエールを送った [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【トーレスが久保建英と安部裕葵にエール「スペインではミスが認められる」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    南野拓実があわや大怪我 レアルDFラモスの「批判に値する残忍タックル」の瞬間に脚光 | ニコニコニュース



    ザルツブルク南野、レアル戦先発出場 開始早々にラモスから強烈タックルの被害

     オーストリア1部ザルツブルクは、現地時間7日にプレシーズンマッチスペイン1部リーグレアル・マドリードと対戦し、0-1と惜敗した。ザルツブルクの日本代表MF南野拓実が先発したなか、開始早々にレアルスペイン代表DFセルヒオ・ラモスから激しいタックルを受けて悶絶する場面があり、あわや大怪我という決定的瞬間を海外メディアが取り上げ、「残忍なタックル」と伝えている。

     南野は4-4-2の右MFとして先発したなか、開始早々の2分に“洗礼”を浴びた。自陣エリアボールを奪ったザルツブルクは速攻を仕掛けようと前方の南野へパス。ボールを受けた南野がそのまま前を向いてドリブルの体勢に入ったなか、猛然とダッシュして潰しにかかったのがレアルDFラモスだった。

     南野が小刻みなタッチでかわしにかかるなか、置き去りにされそうになったラモスが体を投げ出してタックルラモスの右足裏が南野の右足首を直撃し、その勢いで南野は倒された。足を引きずる仕草を見せた南野に対して、ラモスはすぐさま近寄って謝罪している。

     このシーンに注目したのがポルトガル紙「レコルド」だ。「ラモスにとって、フレンドリーマッチなどない。批判に値する残忍なタックル」と伝えた一方、一連のプレー映像を紹介。「日本の南野に対するタックルを見よ」と記している。

     試合は前半19分、レアルベルギー代表MFエデン・アザールが決勝弾。南野は前半を終えて交代し、後半からザルツブルクMF奥川雅也が出場した。ザルツブルクは0-1と惜敗したなか、南野が受けたタックルの瞬間に注目が集まっている。(Football ZONE web編集部)

    ザルツブルク南野【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【南野拓実があわや大怪我 レアルDFラモスの「批判に値する残忍タックル」の瞬間に脚光 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ