久保建英・速達まとめたる

最新の久保建英に関するニュースはこちら。久保建英ニュース記事一覧。クラブだけではなく家族や生活に関する記事もお伝えします!あなたが知りたい情報が見つかるかも!

    カテゴリ:レアル > カステージャ


    久保建英、レアルBからマジョルカへ「激動の16日間」 “武者修行”の先に見える道とは? | ニコニコニュース


    「大きな決断を下した今、久保のやるべきことはただ一つ――マジョルカで大活躍し、この選択が間違っていなかったことを証明することだ。」

    まさにこれですよね、久保さんの活躍次第でこの選択が良かったか悪かったが分かりますね!(・・;)



    スペイン発コラム】7日ザルツブルク戦の招集外が分岐点に… 22日の期限付き移籍決定までに何が起きたのか

     8月22日、3日後にレアル・マドリードのBチーム、カスティージャでセグンダB(スペイン3部)デビューを控えていた日本代表MF久保建英に大きな転機が訪れた。リーガ・エスパニョーラプリメーラ・ディビシオン(1部)に所属するマジョルカへの、2020年6月30日までの期限付き移籍が発表されたのである。

     6月のカスティージャ入団発表後、日本代表コパ・アメリカ南米選手権)を戦い、トップチームの北米ツアードイツ遠征に参加した久保が、そこで短い出場時間ながらも存在感を発揮し高い評価を得たことで、トップチーム昇格を求める声がスペイン内外で叫ばれた。

     しかし8月7日のザルツブルク戦(1-0)の招集メンバーから外れたことが、久保にとって大きな分岐点となった。同日に行われたアルコルコン戦で、久保はカスティージャでの人生をスタートしたのである。

     4-3-3の右ウイングで先発出場した久保は、トップチームに参加しカスティージャでの練習がほとんどないまま合流したことにより、試合には3-0と勝利したものの連係ミスが目立ち、後半25分にピッチを退いた。

     そうしたなかでもカスティージャのホームスタジアム、アルフレッド・ディ・ステファノで久保のプレーを初めて目の当たりにしたレアルをこよなく愛する観衆は、久保がベンチに下がる際、大きな拍手を送った。トップチームの時と比べてプレーに物足りなさがあったように見えたが、それは皆が久保に光るものを感じていることの表れとも言えた。

     久保はその後もトップチームで練習しつつ、カスティージャの試合に出場する。そして久保にとっての第2戦となった14日のクルトゥラル・レオネサ戦では、初戦と明らかな違いを見せた。試合を通じてプレーに絡み、積極的にゴールを狙っていった。チームは0-3の大敗を喫するも、スペイン紙「マルカ」はフル出場した久保について「チームベストプレーヤーだった」と高く評価した。

    カスティージャでのプレーを「マルカ」、「AS」とも絶賛 「特別な選手と示した」

     そしてプレシーズン最終戦となった18日のブルゴス戦(2-3)にもフル出場し、随所に素晴らしいプレーを披露する。1点目の起点となったほか、相手から何度もファウルを受けながらも惜しいシュートを放ち、“危険な存在”であることを改めて証明した。スペイン紙「AS」は試合後、「再び特別な選手であることを示した」と、そのパフォーマンスを大絶賛したのである。

     さらに「AS」紙は、カスティージャで3試合を戦い終えた久保について「彼の入団はカスティージャのクオリティーが飛躍することを意味する。プレーした3試合で最も際立った選手となった。ラウール(・ゴンザレス)に敬意を表し、背番号7をつけることを決断した」と総括し、その存在がチームにとって非常に大きなものであることを強調した。

     途中、バジャドリードへの期限付き移籍報道が出ながらも、カスティージャで着実に試合経験を積んでいった久保が、25日のラス・ロサス戦でセグンダBデビューを果たすのは間違いないと思われていた。しかし22日午前中に突如、マジョルカへの期限付き移籍というニュースが流れ、その日の午後には瞬く間にクラブから正式決定の発表が出された。

     今季7シーズンぶりに1部へ返り咲いたマジョルカは、バジャドリード、レバンテ、エスパニョール、ビジャレアルとともに久保の具体的な移籍先候補として挙げられていた。久保は元日本代表FW大久保嘉人(現・ジュビロ磐田)、同MF家長昭博(現・川崎フロンターレ)に続く、クラブ史上3人目の日本人選手となったのである。

     ここ1カ月以上、注目を浴び続けた久保のマジョルカ移籍はスペインでも大きな話題を呼び、23日に参加した初練習では通常よりも非常に多い報道陣が現地を訪れている。

     しかし、マジョルカのビセンテ・モレーノ監督はこの日の記者会見で、2日後に行われる第2節レアルソシエダ戦よりも久保の契約が注目を集めていることに対して、「我々は日曜日にとても大事な試合を控えているので、レアルソシエダ戦について話さないのは、彼らに敬意を払っていないと思う」と苦言を呈した。

     久保の招集メンバー入りについては「日曜日の試合にいるかは分からないし、今、重要なのはすでにいる選手たちだ」と明確にせず、「素晴らしいパフォーマンスを披露してくれることを願っている。なぜなら、それはマジョルカの利益になるからね」と期待を込めた。

    目指すべき模範はカルバハル、L・バスケス、バルベルデ

     カスティージャでプレーさせつつ、自分の手もとで成長を促すことを望んでいたレアルジネディーヌ・ジダン監督だったが、「我々は選手にとってベストなことを望んでいるし、彼はあの決断を下した。彼が成長し続けるため、マジョルカで多くの試合に出場することを願っているよ」と、久保の決断を尊重した。

     レアルの2大レジェンドジダンの示した方向性、ラウール指揮下のカスティージャで戦うことも確かに魅力的だったはずだ。しかし移籍市場の締め切り日が迫るなか、18歳の若者が最終的に選んだ道は別のクラブレアルと同じ1部という土俵に立つことだった。1年間トップリーグで経験を積み、ビッグクラブと対戦することが、久保の飛躍的な成長につながるのは間違いない。

     大きな決断を下した今、久保のやるべきことはただ一つ――マジョルカで大活躍し、この選択が間違っていなかったことを証明することだ。

     そして今後、目指すべき模範はレアルのDFダニエル・カルバハル、FWルーカスバスケス、MFフェデリコ・バルベルデになるだろう。なぜなら、この3選手はカスティージャから外の荒波で揉まれた後、レアルトップチームに上り詰めた選手たちだからだ。

     レアルトップチームとカスティージャでのプレシーズンパフォーマンスを見る限り、コンディションは万全である。そのため、久保がマジョルカの空港に到着した時に語った「今度の日曜日デビューする準備はできている」という言葉どおり、マジョルカでの練習不足はあるものの、レアルソシエダ戦のメンバー入りを果たすかもしれない。そしてマジョルカで武者修行を積んだ先に、レアルトップチーム入りの道が拓ける。(高橋智行 / Tomoyuki Takahashi)

    マジョルカへの移籍が決まったMF久保建英【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【久保建英、レアルBからマジョルカへ「激動の16日間」 “武者修行”の先に見える道とは? | ニコニコニュース】の続きを読む


    18日ブルゴス戦でフル出場、前半41分にエリア内で倒されるもノーファウル判定

     レアル・マドリード日本代表MF久保建英は、カスティージャ(レアルB)の一員として現地時間18日にスペイン3部ブルゴスCFとのテストマッチに先発フル出場した。前半41分に相手のエリア内で久保が背後からタックルを受けて倒されるも笛は鳴らず、主審に猛抗議する場面が見られたが、ファンからは「これはPK」「思い切りヒジ打ち」と判定に疑問が噴出している。

     今夏、FC東京からレアルに移籍した久保は、トップチームでプレシーズンマッチ4試合に途中出場。その後はトップの練習に参加しつつ、カスティージャで出場を続けており、18日にはブルゴス戦に先発した。

     前半11分に先制点を献上したなか、反撃に打って出るカスティージャは前半19分に久保が右足シュートを放つもゴールならず。さらに前半41分、久保が右サイドからドリブルで切れ込み、エリア内で1人をかわした直後、前後から相手2人に挟まれてピッチに倒された。背後から寄せた相手が激しいタックルで久保の背中を押しているように見えるが、主審はノーファウル判定。ピッチに倒された久保は両手を広げてPKをアピールしたが結局覆らなかった。

     直後の前半終了間際、久保は絶妙なダイレクトパスで起点となり同点ゴールに関与。後半17分にカスティージャが勝ち越しゴールを奪うも、同25分にオウンゴールで追いつかれ、終了間際にPKを献上して2-3で敗れた。

     レアル公式YouTubeチャンネルが試合動画をライブ配信していたなか、前半41分に久保が倒されたシーンを巡って疑問の声が噴出。「完全なファウル」「思い切りヒジ打ち」「これはPK」「VAR(ビデオアシスタント・レフェリー)があればな…」など、ノーファウル判定に対する苦言が多く見られた。

     久保とカスティージャにとって、厳しい判定となったようだ。(Football ZONE web編集部)

    レアルBで先発フル出場を飾った日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「完全なファウル」「思い切りヒジ打ち」「これはPK」「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)があればな…」など、ノーファウル判定に対する苦言が多く見られた。


    完全にPKだなって思いましたがスルーされましたね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )


    【レアル久保、エリア内で倒され感情露わ 判定に疑問噴出「PK」「思い切りヒジ打ち」】の続きを読む


    先制点を献上した後、久保を経由した右サイドの攻撃から“反撃ムード”が漂う

     レアル・マドリード日本代表MF久保建英は、カスティージャ(レアルB)の一員として現地時間18日にスペイン3部ブルゴスCFとのテストマッチに先発フル出場した。3戦連続3失点と守備が崩壊して3連敗を喫したなか、18歳のレフティーは相手3人を翻弄するパスからゴールの起点となるなど奮闘。スペイン紙「マルカ」は「カスティージャが息を吹き返したのは、久保を経由した攻撃からだった」と評価している。

     今夏、FC東京からレアルに移籍した久保はトップチームでプレシーズンマッチ4試合に途中出場。その後はトップの練習に参加しつつ、カスティージャの試合で連続出場している。14日の3部クルトゥラル・レオネサ戦(0-3)に続いて、ブルゴス戦でもスタメンに名を連ねた久保は、4-3-3の右ウイングで送り込まれた。

     試合は前半11分に先制点を献上したが、前半終了間際にカスティージャの同点ゴールが生まれる。右サイドから久保に縦パスを入ったなか、相手3人が囲い込む。ここで起点を利かせた久保は左足ダイレクトで前方へボールを流し、クロスから同点ゴールが生まれている。久保の状況判断能力が光った場面と言えるだろう。

     後半17分にカスティージャが勝ち越すも、同25分にオウンゴールで2-2となり、終了間際に痛恨のPKを献上して2-3で敗れた。

     プレシーズンラストゲームを勝利で飾れなかったカスティージャについて、スペイン紙「マルカ」がブルゴス戦の課題を分析している。レオネサ戦からスタメン3人を変更し、DFマヌをセンターバック、DFマリオ・ヒラを中盤の底、FWファンミゲル・ラタタをセンターFWで起用したなか、「サイドの顔ぶれに変更はなかったが、ディフェンスで隙を見せた」と言及。プレシーズン8試合で平均1.75失点、特にラスト3試合ですべて3失点を喫した守備について、「ラウール最大の仕事はカスティージャの脆弱な守備を改善すること」と触れている。

     また、その厳しいチーム状況を変えるプレーを見せたのが久保だったとし、「カスティージャが息を吹き返したのは、ブルゴスに先制点を許した後、久保を経由した右サイドの攻撃からだった」と評価している。

     スペイン1部バジャドリードへの期限付き移籍か、カスティージャで3部ラス・ロサスとの開幕戦を迎えるか、不透明な部分は残るが、いずれにしても新シーズンプレーが注目を集めるのは間違いなさそうだ。(Football ZONE web編集部)

    レアルBで攻撃の起点となっているMF久保建英【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    「カスティージャが息を吹き返したのは、ブルゴスに先制点を許した後、久保を経由した右サイドの攻撃からだった」と評価している。


    一定の評価は得られてるみたいですね(・・;)



    【レアルBの肝は「久保経由の攻撃」 守備崩壊での奮闘に称賛「息を吹き返したのは…」】の続きを読む


    久保建英レアル・マドリー・カスティージャの一員として、スペイン3部のブルゴスとのプレシーズンマッチに先発出場した。

    加入後初ゴールとはならなかったものの、こんな凄いプレーもしていたぞ!(以下動画1:31:44~)

    サイドにパスを出した後、リターンを受けた久保。ボックス内で飛び込むと、相手に囲まれながら足裏でボールをこね、DFを釘付けにしてみせた。

    必見は、動画1:32:50~からの別角度のリプレイボールを足裏でこねる様子がよく分かる。あの状況でここまで冷静にプレーを選択できるのは驚異的だ。

    トップチームでのプレシーズンマッチでも確かなパフォーマンスを見せた久保。今後どういった起用をされるのか、去就を含めて注目だ。

    久保建英、おそろしいほど沈着冷静な「桁違いの足裏テク」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    トップチームでのプレシーズンマッチでも確かなパフォーマンスを見せた久保。
    今後どういった起用をされるのか、去就を含めて注目だ。


    ゴールを待ってます(・・;)



    【久保建英、おそろしいほど沈着冷静な「桁違いの足裏テク」がこれ】の続きを読む


    久保建英レアル・マドリー・カスティージャの一員として、スペイン3部のブルゴスとのプレシーズンマッチに先発出場した。

    ゴールとはならなかったが、いくつか見せ場も演出。また、その高いテクニックを披露する場面も。

    そのトラップシーンを見てみよう!まずは、浮き球を胸トラップした場面(以下動画20分18秒~)がこれ。

    球足の速いロングフィードを胸で受けた久保。ボールはかなり流れたが、あえて空いていたスペースに流したようにも見える。その後は、相手を引きつけて味方にパスし、チャンスにつなげた。

    また、動画22分18秒~では、頭上に上がった味方のクリアをぴたりと足元に収めている。

    そして、動画1:15:00~の場面では、味方のロングフィードを今度は足元でコントロール。どのシーンでも次のプレーにすぐにつなげているのはさすがだろうか。

    トップチームでのプレシーズンマッチでも確かなパフォーマンスを見せた久保。今後どういった起用をされるのか、去就を含めて注目だ。

    レアル久保建英、うまい!高難度な「浮き球トラップ術」がこれ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    球足の速いロングフィードを胸で受けた久保。ボールはかなり流れたが、あえて空いていたスペースに流したようにも見える。その後は、相手を引きつけて味方にパスし、チャンスにつなげた。


    動きのキレは他の選手よりも良いなって思いますね(・・;)





    このページのトップヘ