久保建英・速達まとめたる

最新の久保建英に関するニュースはこちら。久保建英ニュース記事一覧。クラブだけではなく家族や生活に関する記事もお伝えします!あなたが知りたい情報が見つかるかも!

    カテゴリ:



    (出典 contents.gunosy.com)


    とんでもない存在になって欲しいですね!(*゚∀゚*)


    マジョルカでのプレーでどんどん魅了して欲しいですね!


    久保さんが来シーズンどこのチームにいるのかも気になるところですね!

    1 ゴアマガラ ★ :2019/09/16(月) 08:18:27.42 ID:9qFp3igx9.net

    レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が、日本代表FW久保建英への期待を述べている。

    ペレス会長は今月11日、4日後に控えたソシオ(クラブ会員)総会に向けてソシオたちとの情報交換会に臨み、今夏の移籍市場でレアル・マドリーに加わりながらも、
    マジョルカにレンタル移籍した久保について言及した。レアル・マドリーが若手選手を自クラブで育てることができないとのテーマにおいて、次のように語っている。

    「ここで若手選手たちにチャンスを与えることは難しい。少ない出場機会で結果を求めなければならないからだ。
    (アーセナルにレンタル移籍したMFダニ・)セバジョスはプレーできる環境が必要で、ジダンが彼にその趣旨を伝えた。
    また(アトレティコ・マドリー移籍のMFマルコス・)ジョレンテはレンタルにもできたが、選手本人が完全移籍を望んだ」

    「そして久保について、彼はこれからとんでもない存在となるだろうが、頭も良い。出場機会を得るために、ここを離れることを選択したんだよ」

    ペレス会長のこの発言は、久保のレンタル移籍がクラブではなく、選手側の意向によって決められたことを明らかにした。ペレス会長はさらに、
    15日のクラブ総会でも「私たちは久保に代表されるように、未来を担う選手たちを補強している」と発言しており、この日本人選手に大きな期待を寄せていることがうかがえる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190916-00010008-goal-socc


    【【久保の判断】レアル会長が語る久保建英「彼はとんでもない存在になるはずだが、頭も良い。だからレンタル選んだ」】の続きを読む



    (出典 f.image.geki.jp)


    ジダン監督自ら、伝えたんですかね(・・;)

    これが事実なら凄いことですね。

    レアルも怪我人が多いですからね将来的にも久保さんを復帰させたいという感じですかね。


    でもまだまだ結果は出せてはないと思いますが。

    1 ゴアマガラ ★ :2019/09/15(日) 09:04:09.95 ID:iJPEJoms9.net

     レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、日本代表MF久保建英(18)の来季復帰を望んでいるという。スペイン『ディアリオ・ゴル』が伝えた。

     今夏、大型補強を敢行したレアルだが、ジダン監督はフランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・U)を獲得できなかったことに落胆。
    フロレンティーノ・ペレス会長はポグバの代替案として、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(トッテナム)、
    オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(アヤックス)、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(S・リスボン)を候補に挙げている。

     しかし、ジダン監督はそれを望んでおらず、ポグバを獲得できなければ、日本代表MFにレアルの新たな舵取りを任せたいと考えている模様。
    そのため、今季はマジョルカに期限付き移籍したが、来季のレアル復帰をペレス会長に直訴したという。

     同メディアは「ジダンは久保に魅了され、来季は彼を復帰させなければいけないとペレスに話した。レアル・マドリーの将来にとって、
    日本人選手は非常に重要なシーズンに直面している。マジョルカで重要な選手であることを証明しなければならない」と伝えている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190915-43471677-gekisaka-socc


    (出典 f.image.geki.jp)


    【【サッカー】久保建英に託す“レアルの未来”…ジダン、ペレス会長に来季復帰を直訴か】の続きを読む


    「ゴールから逆算したプレーにあり、常に仕掛ける意識があること。今は堂安より久保が上」 W杯予選初陣での先発起用を金田氏が推奨、その理由は? | ニコニコニュース


    「久保は前を向くボールコントロールが抜群に上手く、ファーストタッチで全部仕掛ける。しかもドリブルでもパスでも、すべて同じフォームから繰り出せる。これは対峙する相手DFからすれば厄介だ。」


    ファーストタッチが上手い人ってその後のプレーの質も凄いですよね(・・;)しっかりと受けるときにどこに置くとかも考えてプレーされてるんですかね。



    パラグアイ戦での2人のプレーを分析 堂安は「悩んでいるようにも見える」

     昨夏のロシアワールドカップ(W杯)後に就任した森保一監督の下、日本代表2022年カタールW杯に向けた戦いをスタートさせる。10日の敵地ミャンマー戦(ヤンゴン)から、いよいよアジア2次予選が幕明け。日本のグループFは、そのほかにタジキスタンキルギスモンゴルと比較的組分けに恵まれたとはいえ、W杯予選の舞台は実力差を覆す“何か”が起きる怖さが存在する。

     そんな負けられない戦いに臨む現在の日本代表において、生命線と言えるのが発足当初から前線を支える4人だ。不動の1トップであるFW大迫勇也ブレーメン)を頂点に、2列目は左からMF中島翔哉ポルト)、MF南野拓実(ザルツブルク)、MF堂安律(PSV)の3人が並ぶ。個々が高い技術を誇るだけでなく、“カルテット”として阿吽の呼吸を見せており、華麗なコンビネーションで相手ゴールを強襲。そのスピード感は、これまでの日本代表ではあまり見られなかったものだ。

     現役時代に“名ドリブラー”として名を馳せ、日産自動車(現・横浜F・マリノス)の黄金期日本代表の一員としても活躍した解説者の金田喜稔氏も、4人が見せる連係を「抜群のバランス感覚と距離感が素晴らしい」と称賛する。そのうえで、5日に行われた国際親善試合パラグアイ戦(2-0)では、1人の選手のプレーが気になったという。

    カルテット全体で考えれば、堂安は外せない駒。中島や南野との絡み、中へ動いて右サイドバックの酒井を上げるタイミングなどには、やはり上手さを感じる。でもパラグアイ戦では軸足が間に合わずシュートを打てない場面や、最後のところでコントロールミスが出たり、少し粗いなと……。自身のプレースタイルについて、悩んでいるようにも見える」

     金田氏が現在の堂安のプレーを見て、“悩んでいる”と指摘したのはパスを受ける際の動きだ。「かつてのような仕掛けの迫力がない」と語った金田氏は、次のように続ける。

    「彼はフィジカル能力が高く、相手を背負ってキープができる選手だ。パスを受ける前に、まずはマークしてくる相手に体をぶつけてボールを取られないことを選ぶ。そのプレー自体が悪いと言うわけではない。ただ、最近はもっと簡単にできる場面、ファーストタッチターンをして、次に仕掛けるボールコントロールができる場面でも、無理に相手が詰めてくるような持ち方しかしていないように見える」

    「“一歩目の躍動感”を相手に見せられるかで、プレー選択肢の幅は変わる」

     金田氏によれば、以前の堂安であれば横パスやバックパスを選択するにせよ、まずはファーストタッチで前を向き、対峙した相手に縦へ行くと見せかけるような動きが多かったという。しかし、オランダで体格の大きな相手と戦う機会が多いためか、そうした仕掛けるプレーが減り、パラグアイ戦を見る限りはボールロストをしないことが優先されるプレーが増えていたと指摘する。

    「もちろん、ボールを取られない持ち方の良さはある。ただ、攻撃側が“取られないスタイル”でボールを持つと、守備側は“取れるかもしれない”と間合いの距離をもっと近づけてくるもの。そうなるとますます、横パスやバックパスの選択肢しかなくなってくる。前を向ければ、局面の展開は絶対に変わる。前を向いて仕掛けられれば相手を下げることができるし、先手を取れればアウトサイドを使って切り返して逆にも行ける。

     “一歩目の躍動感”を相手に見せたうえで次のプレーへ移行するのか、それとも常に“安パイ”のキープから入るのか。ファーストタッチの姿勢によって、その後のプレーの幅は大きく変わってくる」

     これに対し、パラグアイ戦の後半から堂安に代わって右サイドハーフに入った久保は、こうしたファーストタッチの上手さを見せている。以前から金田氏は、久保はトップ下ではなく右サイドが適正ポジションと語っていたが、その理由の一つが“ゴールから逆算したプレー”にあり、常に仕掛ける意識があることを挙げていた。

    「久保は前を向くボールコントロールが抜群に上手く、ファーストタッチで全部仕掛ける。しかもドリブルでもパスでも、すべて同じフォームから繰り出せる。これは対峙する相手DFからすれば厄介だ。左サイドの中島とともに、2人とも縦にドリブルで運べるし、パス出し役として起点にもなれる。今のプレーを見る限り、堂安より久保のほうが上。右サイドファーストチョイスが久保になっても、全く不思議ではないだろう」

    堂安の“使われる動き”を評価 「ダイアゴナルに走れる力は大きい」

     もっとも、「久保は使われる選手ではない」とも金田氏は語る。「堂安はダイアゴナルに走れる力は大きい。久保はそれをあまりやらない」と指摘するように、現在の日本代表では左の中島が攻撃の起点になるシーンが多いため、全体のバランスを考えれば効果的なフリーランニングができる堂安のほうが監督としては計算がしやすいのかもしれない。

     パラグアイ戦の後半、連動性を失ったチームのなかで再三にわたってチャンスを作った久保を「異次元。別格です」と絶賛した金田氏。得点を奪えなかったことや守備面における課題はあるものの、格下であるミャンマーとのW杯予選初戦で久保をスタメンに抜擢する価値はあると語った。

     21歳の堂安と18歳の久保。若き2人のレフティーが日本代表で共存する道はもちろん存在するが、今後右サイドレギュラーの座を巡り、ハイレベルバトルを繰り広げていくのかもしれない。

    PROFILE
    金田喜稔(かねだ・のぶとし)

    1958年生まれ、広島県出身。現役時代は天才ドリブラーとして知られ、中央大学在籍時の77年6月の韓国戦で日本代表デビューし初ゴールも記録。「19歳119日」で決めたこのゴールは、今も国際Aマッチでの歴代最年少得点として破られていない。日産自動車(現・横浜FM)の黄金期を支え、91年に現役を引退。Jリーグ開幕以降は解説者として活躍。玄人好みの技術論に定評がある。(Football ZONE web編集部)

    日本代表MF堂安律と同じくMF久保建英【写真:高橋学】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「ゴールから逆算したプレーにあり、常に仕掛ける意識があること。今は堂安より久保が上」 W杯予選初陣での先発起用を金田氏が推奨、その理由は? | ニコニコニュース】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)


    まあ海外から見たらそうかもしれませんね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )


    でも日本にいると、まだまだこういった選手が珍しいなって感じてしまいますね。

    これまでの経歴からしても凄い才能の塊だなって思ってしまいます!

    だからこそ活躍して欲しいですね!

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/09(月) 00:08:21.87 ID:MM1EtceN9.net

    実兄のピチは、あのディエゴ・マラドーナと共にワールドユース東京大会(1979年)で世界一となった右ウイング。
    息子は、京都サンガ所属のエスクデロ競飛王。
    自身は、元アルゼンチンユース代表&ビーチサッカーアルゼンチン代表であるセルヒオ・エスクデロ。

    彼が日本メディアの「久保建英」フィーバーについて語った。

    久保建英は確かに日本人選手のなかでは上手いです。5日のパラグアイ戦も悪くはなかった。ドリブル突破も、ゴールへの意欲も見せました。確かに日本国内では、逸材でしょう。

    でも、あくまでも「悪くなかった」レベルです。日本代表の中心選手のようにメディアが扱うのは間違っていますね。抜群の存在感だった訳ではない。
    決定的な仕事はしていませんし、何度か倒されましたよね。今のA代表において、例えば「中島翔哉以上の働きが出来ているか?」と問われた場合、NOです。

    久保君はFC東京に在籍していた頃、何得点しましたか? 2019年で5点。その前のシーズンは2点。合計で7得点です。これは、プロの攻撃的な選手として圧倒的な数字ですか?

    僕らの国の“神様”であるディエゴ・マラドーナは、16歳の誕生日の10日前にプロデビューしました。
    アルヘンチノス・ジュニアーズという、当時小さめのクラブに属していましたが、17歳、18歳、19歳と3年連続でアルゼンチン1部リーグの得点王になりました。
    そういう選手なら「国の至宝」と呼んでもいい。
    マラドーナのその後の輝きは、ここで述べるまでもないでしょう。

    正直な話、アルゼンチンやブラジルなら、久保君クラスの選手はいくらでもいるんです。
    日本人は、煽って煽って、無理矢理にスターを作っているように感じます。ちょっと信じられないですね…。
    アルゼンチン人なら、今の日本の久保フィーバーに、違和感を覚えるのは当然です。

    マジョルカでも日本代表でも不動のレギュラーを獲得し、チームの柱として活躍するまでは、騒ぎ過ぎない方がいいと僕は思います。
    <期待の新人>が潰れていったケースを何人も見ていますから。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/soichihayashisr/20190909-00141751/
    9/9(月) 0:01


    【アルゼンチン人コーチが語る「久保建英、久保建英と騒ぎ過ぎるな!」アルゼンチンやブラジルなら久保君クラスの選手はいくらでもいる】の続きを読む


    森保ジャパン守備陣がミャンマーの街中に!? 長友佑都、豪華“タピ活”4ショットを投稿 | ニコニコニュース



    (出典 pbs.twimg.com)


    現地のショッピングモールと思われる場所で、長友、GK川島永嗣(ストラスブール)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF冨安健洋(ボローニャ)の守備陣が一堂に会し、ブームのタピオカドリンクを飲んだ様子。束の間のリフレッシュをしたようだ


    いいですね!こういった情報は自分はとても好きですね(*゚∀゚*)

    GK川島、DF吉田&冨安の4人で流行に乗る「ミャンマーでタピりました」

     森保一監督率いる日本代表は、10日にカタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー戦(ヤンゴン)に臨む。本大会への切符を懸けた長き戦いの初陣を前に、選手たちは束の間の“リフレッシュ”をしたようだ。DF長友佑都ガラタサライ)が自身のツイッターを更新し、「ミャンマーでタピりました」と守備陣で流行の“タピ活”をしたと報告している。

     日本はW杯予選前の5日に国内で親善試合パラグアイ戦を実施。FW大迫勇也ブレーメン)とMF南野拓実(ザルツブルク)のゴールで2点を奪い、後半頭から出場した18歳MF久保建英(マジョルカ)も果敢に攻め込むなど、2-0で完勝した。

     7日より現地での練習をスタートさせ、10日のミャンマー戦に備えているが、長友が9日に自身の公式ツイッターを更新している。

    ミャンマーでタピりました」

     現地のショッピングモールと思われる場所で、長友、GK川島永嗣(ストラスブール)、DF吉田麻也サウサンプトン)、DF冨安健洋(ボローニャ)の守備陣が一堂に会し、ブームタピオカリンクを飲んだ様子。束の間のリフレッシュをしたようだ。

     ベテラン3人と20歳の冨安は、これから始まるW杯予選で日本を牽引してくれるだろう。(Football ZONE web編集部)

    DF長友が自身の公式ツイッターで豪華ショットを投稿【写真:Noriko NAGANO】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【森保ジャパン守備陣がミャンマーの街中に!? 長友佑都、豪華“タピ活”4ショットを投稿 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ