久保建英・速達まとめたる

最新の久保建英に関するニュースはこちら。久保建英ニュース記事一覧。クラブだけではなく家族や生活に関する記事もお伝えします!あなたが知りたい情報が見つかるかも!

    カテゴリ: メディア対応


    「どこの惑星出身ですか?」最年少出場の久保、巧妙ファーストタッチにレアル専門メディア感嘆  | ニコニコニュース


    「レアル・マドリードは久保建英が巨大な真珠だと知っている。プレーするたびに、人々を驚かせることをやめない。直近ではミャンマーとの代表戦でクオリティーを証明した」と動画付きで称賛している。


    レアルもまだまだ見てますよね!今後の活躍でレアルに戻すかどうかを判断しますからね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

    ミャンマー戦の後半36分からピッチへ 18歳98日でW杯最年少出場記録を39年ぶり更新

     日本代表MF久保建英(マジョルカ)は、10日に行われたカタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー戦(2-0)で途中出場を果たし、18歳98日でW杯予選最年少出場記録を39年ぶりに更新した。アディショナルタイムも含めて10分強のプレーとなったなか、レアル・マドリード専門メディア「Defensa Central」はファーストプレーバックヒールに注目。「どこの惑星から来た?」と感嘆している。

     5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)と同じスタメン11人で試合に臨んだ日本は、前半16分にMF中島翔哉ポルト)のミドルシュートで先制すると、その10分後の同26分にMF堂安律(PSV)のクロスからMF南野拓実(ザルツブルク)が頭で押し込んでリードを広げた。

     後半に入るとMF伊東純也(ヘンク)、FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)と投入し、最後の3人目として後半36分から起用されたのが久保だ。1ゴールの中島に代わってピッチに入り、右サイドハーフとして最後までプレーした。

     風間八宏氏(現・名古屋グランパス監督)が持つW杯予選最年少出場記録(19歳67日)を39年ぶりに更新した久保。しかし、約10分間のプレーで追加点を生み出すことはできず、試合後には「今日はそんなにプレーに関与してないですし、何をしたわけでもないので、うーんという感じですね」と語り、記録更新を喜ぶ素振りは一切見せなかった。

     一方で、今夏に契約したレアル(その後マジョルカへ期限付き移籍)を専門的に扱う「Defensa Central」は久保のファーストプレーにスポットライトを当てた。

    華麗なバックヒールで酒井とワンツー「最新ファンタスティックプレー

     途中出場直後の後半37分、右サイドバックのDF酒井宏樹マルセイユ)がボールを持つ直前から、タッチライン際に向かってダイアゴナルにダッシュ。ペナルティーエリア手前右でパスを受けると、駆け上がってきた酒井に対してミャンマーDFナンダ・チョーを背負いながらダイレクトバックヒールパス。パスを受けた酒井がエリア内に侵入して上げたクロスに、鈴木がゴール前にスライディングで飛び込む惜しいシーンを生み出した。

     記事では、「どこの惑星から来た? 久保の最新ファンタスティックプレー」と見出しを打って特集。「レアル・マドリード久保建英が巨大な真珠だと知っている。プレーするたびに、人々を驚かせることをやめない。直近ではミャンマーとの代表戦でクオリティーを証明した」と動画付きで称賛している。

     今季はマジョルカの一員としてプレーする久保だが、レアルレアル関連メディアも日本が誇るレフティーの動向に熱視線を送り続けている。(Football ZONE web編集部)

    日本代表MF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「どこの惑星出身ですか?」最年少出場の久保、巧妙ファーストタッチにレアル専門メディア感嘆  | ニコニコニュース】の続きを読む


    【無意味な采配】ミャンマー撃破の日本に韓国紙指摘 久保ら投入の森保采配は「なんの効果もなかった」 | ニコニコニュース


    「後半、伊東純也、鈴木武蔵、久保建英と3人のアタッカーを投入したのは、攻撃で苦しんでいる証だった。しかし、なんの効果もなかった」


    日本のファンもそう思ってますね。

    決めて欲しかったですね!例え相手が守備を固めて来てもそれでも決めきれる連携や崩しが見たかったです。

    前半に幸先よく2点のリードを奪うも追加点ならず 最後のカード18歳久保を投入も…

     森保一監督率いる日本代表は、10日にカタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選の初戦となる敵地ミャンマー戦に2-0と勝利し、白星スタートを切った。前半にMF中島翔哉ポルト)、MF南野拓実(ザルツブルク)のゴールで2点のリードを奪うも、その後はボールを支配しながら追加点を奪えず。韓国紙「日刊スポーツ」は、交代策について「なんの効果もなかった」と厳しく言及した。

     日本は5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)とまったく同じメンバー11人を、ミャンマー戦のスタメンに起用。前半16分、DF冨安健洋(ボローニャ)の縦パスを受けた中島が左サイドからカットインを仕掛けると、ペナルティーエリア外から右足を振り抜き、豪快なミドルで先制ゴールを奪った。その10分後の同26分、今度はMF堂安律(PSV)のクロスに南野がドンピシャのヘディンシュートで合わせて追加点を挙げた。

     その後もボールを支配しながら3点目を奪えなかった日本は、後半20分にMF伊東純也(ヘンク)、同31分にはFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)を投入。その5分後にはW杯予選の最年少記録更新となった18歳89日のMF久保建英(マジョルカ)も起用して得点を奪いに行ったが、結局ゴールネットを揺らせないまま2-0でタイムアップを迎えた。

     難しいアウェーゲームで白星スタートを切ったとはいえ、不完全燃焼に終わった感は否めない。韓国紙「日刊スポーツ」は、「FIFAランキング33位の日本は、135位のミャンマーを下し、今W杯予選で初勝利を手にした。彼らは早い段階で2ゴールしたが、後半は敵のプレッシャーに手を焼き、汗を流さなければならなかった」と後半に予想外の労力を要したとし、森保監督の交代策についても分析している。

    「後半、伊東純也、鈴木武蔵、久保建英と3人のアタッカーを投入したのは、攻撃で苦しんでいる証だった。しかし、なんの効果もなかった」

     韓国メディアの目にも、ダメ押しの3点目以降を奪えなかった点は課題に映ったようだ。(Football ZONE web編集部)

    追加点を奪えなかった日本代表に対し、韓国メディアが厳しく言及【写真:Yukihito Taguchi】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【無意味な采配】ミャンマー撃破の日本に韓国紙指摘 久保ら投入の森保采配は「なんの効果もなかった」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    【これが世界の久保建英】華麗な“バックヒールパス”にスペイン紙脱帽 「スキルで興奮巻き起こす」 | ニコニコニュース


    上手いですよね(*゚∀゚*)

    こういったプレーが出来るのは素晴らしいと思います!

    ゴールを見たいですけど、華麗なプレーに魅了されますね!

    W杯予選の最年少出場記録を更新 DFを欺いた後半37分のワンプレーに脚光

     森保一監督率いる日本代表は、10日に行われたカタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選ミャンマー戦で2-0の勝利を飾り、アウェーの地で勝ち点3を確保するスタートとなった。そのなかでMF久保建英(マジョルカ)は、日本代表におけるW杯予選の史上最年少出場記録を樹立した。代表初ゴールこそならなかったが、チャンスクリエイトしたプレーぶりにスペイン紙「AS」が注目している。

     久保は2-0で迎えた後半36分、MF中島翔哉ポルト)に代わって3枚目の交代カードとしてピッチに投入された。18歳98日でのW杯予選出場は、風間八宏(現・名古屋グランパス監督)の19歳67日を上回る記録となるなかで2列目右サイドに入り、積極的にゴールを狙いにいった。

     このプレーぶりに日本だけでなく、スペインも注目している。久保らしさが表れた後半37分のプレーについて、「ベンチから出てきたクボ、バックヒールで相手ディフェンダーを欺く」というタイトルでスポットライトを当てている。

     DF酒井宏樹マルセイユ)のパスに対して右サイドに流れると、ダイレクトでのヒールパスで酒井にリターンする。完全にフリーとなった酒井のラストパスこそFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)が決めきることができなかったものの、同紙はこのように描写している。

    レアル・マドリードから貸し出されているマジョルカのプレーヤー。彼のスキル日本代表におけるピッチでも興奮を巻き起こし続け、インターナショナルウィークをも楽しんでいた」

     遊び心あるプレーぶりを称賛された久保。マジョルカに戻ってレギュラー獲りを目指す立場となるが、代表2連戦で見せたプレーぶりをスペインの地でも見せることはできるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    日本代表におけるW杯予選の史上最年少出場記録を樹立したMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【これが世界の久保建英】華麗な“バックヒールパス”にスペイン紙脱帽 「スキルで興奮巻き起こす」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    「すべての目が彼を見る」 日本代表MF久保、“記者殺到”の注目度にリーガも関心 | ニコニコニュース


    リーガ公式インスタグラムも、「すべての目が彼を見る」と綴り、現地ミャンマーで取材対応した際のシーンと思われる写真をアップ。久保の生の声を録ろうと、複数のボイスレコーダーが向けられており、その注目度の高さにスペインでも関心が寄せられている。投稿のコメント欄には「天性の才能」「マドリードの未来」といった声が海外ファンから上がっていた。


    一番注目される選手ですね(゚ω゚)

    記者の手が伸び、ボイスレコーダーで久保の声を録ろうとする様子をリーガ公式が公開

     森保一監督率いる日本代表は、10日にカタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー戦(ヤンゴン)に臨む。本大会への切符を懸けた長い道のりの初陣は、敵地での厳しい環境での戦いを強いられるが、大きな期待が寄せられるのが18歳のMF久保建英(マジョルカ)だ。リーガ・エスパニョーラ公式インスタグラムも「すべての目が彼を見る」と、その注目度の高さに関心を寄せている。

     今夏に名門レアル・マドリードへ移籍し、同じスペイン1部マジョルカへレンタル8月31日リーグ第3節バレンシア戦(0-2)で日本人史上最年少(18歳89日)でリーガデビューを果たし、9月の日本代表活動へ合流した。

     5日の親善試合パラグアイ戦(2-0)でも後半45分間のプレーチーム最多タイのシュート5本を放つなど果敢な姿勢を見せた久保。自身初のW杯予選となるが、周囲の期待はやはり大きい。

     リーガ公式インスタグラムも、「すべての目が彼を見る」と綴り、現地ミャンマーで取材対応した際のシーンと思われる写真をアップ。久保の生の声を録ろうと、複数のボイスレコーダーが向けられており、その注目度の高さにスペインでも関心が寄せられている。投稿のコメント欄には「天性の才能」「マドリードの未来」といった声が海外ファンから上がっていた。

     ミャンマー戦でW杯予選デビューとなるのか、その一挙手一投足に世界が注目している。(Football ZONE web編集部)

    日本代表MF久保建英【写真:高橋学】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「すべての目が彼を見る」 日本代表MF久保、“記者殺到”の注目度にリーガも関心 | ニコニコニュース】の続きを読む


    久保さんが人気なんですね(゚ω゚)

    それは嬉しいことですが、香川さん達よりも人気というのが驚きですね。


    年齢が若いことも含まれていると思いますが、ルックスが好まれる感じですかね。

    1 Egg ★ :2019/09/08(日) 09:20:20.09 ID:P4K901wY9.net

    ◇サッカーW杯アジア2次予選 日本―ミャンマー(2019年9月10日 ヤンゴン)

     ミャンマーでも日本代表MF久保に熱視線が注がれた。

     国内では母国リーグよりも欧州サッカーに対する人気が高く、Rマドリードに見初められた18歳も注目の一人で、日本代表の練習には地元メディアも駆けつけた。ヤンゴン市内で取材していたイレブンメディアグループのナン・ナン・トン記者(23)は「久保はアジアのヤングスター。ミャンマーの中で、今では本田や香川、長友よりも人気があるよ」と語った。

    9/8(日) 8:30配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190908-00000130-spnannex-socc

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー】<ナン・ナン・トン記者>「久保はアジアのヤングスター。ミャンマーの中で、今では本田や香川、長友よりも人気があるよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ