久保建英・速達まとめたる

最新の久保建英に関するニュースはこちら。久保建英ニュース記事一覧。クラブだけではなく家族や生活に関する記事もお伝えします!あなたが知りたい情報が見つかるかも!

    カテゴリ: レアル


    「どこの惑星出身ですか?」最年少出場の久保、巧妙ファーストタッチにレアル専門メディア感嘆  | ニコニコニュース


    「レアル・マドリードは久保建英が巨大な真珠だと知っている。プレーするたびに、人々を驚かせることをやめない。直近ではミャンマーとの代表戦でクオリティーを証明した」と動画付きで称賛している。


    レアルもまだまだ見てますよね!今後の活躍でレアルに戻すかどうかを判断しますからね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

    ミャンマー戦の後半36分からピッチへ 18歳98日でW杯最年少出場記録を39年ぶり更新

     日本代表MF久保建英(マジョルカ)は、10日に行われたカタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー戦(2-0)で途中出場を果たし、18歳98日でW杯予選最年少出場記録を39年ぶりに更新した。アディショナルタイムも含めて10分強のプレーとなったなか、レアル・マドリード専門メディア「Defensa Central」はファーストプレーバックヒールに注目。「どこの惑星から来た?」と感嘆している。

     5日の国際親善試合パラグアイ戦(2-0)と同じスタメン11人で試合に臨んだ日本は、前半16分にMF中島翔哉ポルト)のミドルシュートで先制すると、その10分後の同26分にMF堂安律(PSV)のクロスからMF南野拓実(ザルツブルク)が頭で押し込んでリードを広げた。

     後半に入るとMF伊東純也(ヘンク)、FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)と投入し、最後の3人目として後半36分から起用されたのが久保だ。1ゴールの中島に代わってピッチに入り、右サイドハーフとして最後までプレーした。

     風間八宏氏(現・名古屋グランパス監督)が持つW杯予選最年少出場記録(19歳67日)を39年ぶりに更新した久保。しかし、約10分間のプレーで追加点を生み出すことはできず、試合後には「今日はそんなにプレーに関与してないですし、何をしたわけでもないので、うーんという感じですね」と語り、記録更新を喜ぶ素振りは一切見せなかった。

     一方で、今夏に契約したレアル(その後マジョルカへ期限付き移籍)を専門的に扱う「Defensa Central」は久保のファーストプレーにスポットライトを当てた。

    華麗なバックヒールで酒井とワンツー「最新ファンタスティックプレー

     途中出場直後の後半37分、右サイドバックのDF酒井宏樹マルセイユ)がボールを持つ直前から、タッチライン際に向かってダイアゴナルにダッシュ。ペナルティーエリア手前右でパスを受けると、駆け上がってきた酒井に対してミャンマーDFナンダ・チョーを背負いながらダイレクトバックヒールパス。パスを受けた酒井がエリア内に侵入して上げたクロスに、鈴木がゴール前にスライディングで飛び込む惜しいシーンを生み出した。

     記事では、「どこの惑星から来た? 久保の最新ファンタスティックプレー」と見出しを打って特集。「レアル・マドリード久保建英が巨大な真珠だと知っている。プレーするたびに、人々を驚かせることをやめない。直近ではミャンマーとの代表戦でクオリティーを証明した」と動画付きで称賛している。

     今季はマジョルカの一員としてプレーする久保だが、レアルレアル関連メディアも日本が誇るレフティーの動向に熱視線を送り続けている。(Football ZONE web編集部)

    日本代表MF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「どこの惑星出身ですか?」最年少出場の久保、巧妙ファーストタッチにレアル専門メディア感嘆  | ニコニコニュース】の続きを読む


    これが王国ブラジル!天才ヴィニシウスの「さりげないスゴ技」を見たか | ニコニコニュース


    ワンタッチしか許されないなか、見事な溜めからのトリッキーなヒールパスを通してみせたのだ。こりゃうまい…。


    流石に上手いですよね(゚ω゚)

    この夏レアル・マドリーに加入した後、マジョルカにレンタル移籍した久保建英。昨年同じように加入した後に大ブレイクしたのが、ヴィニシウス・ジュニオールだ。

    苦しむレアルのなかで救世主のような活躍を見せたが、怪我もありブラジル代表デビューはお預けに。

    そのヴィニシウスだがセレソンデビューの準備は万端のようだ。ブラジル代表のロンドでやった魅惑の足技がこれ!(動画1分21秒~)。

    ワンタッチしか許されないなか、見事な溜めからのトリッキーヒールパスを通してみせたのだ。こりゃうまい…。

    コロンビア戦では出番のなかったヴィニシウス。11日のペルー戦でデビューなるだろうか。

    これが王国ブラジル!天才ヴィニシウスの「さりげないスゴ技」を見たか


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【これが王国ブラジル!天才ヴィニシウスの「さりげないスゴ技」を見たか | ニコニコニュース】の続きを読む


    レアル中井卓大、街中で同僚と撮影! ピンクTシャツと白シューズの私服姿で笑顔 | ニコニコニュース



    (出典 www.football-zone.net)


    その狭き門を突破すれば、今夏に日本代表MF久保建英(マジョルカ)が在籍していたカスティージャ(レアルB)が見えてくる。



    レアルトップチームでの中井くんが出るところを想像するとやばいですね(´⊙ω⊙`)

    今季フベニールCに昇格した中井、同僚DFが街中で撮影した写真を公開

     15歳MF中井卓大はレアル・マドリードの下部組織に在籍し、トップチームへの階段を駆け上がるなか、カテゴリーを上げた今季も順調に溶け込んでいるようだ。同僚が街中で撮影した私服ショットインスタグラムアップしている。

     中井は昨季レアル下部組織カデーテA(U-16相当)に在籍し、4月に日本で行われた16歳以下の国際親善大会「U-16キリンレモンCUP」に参戦。桐光学園戦でキャプテンマークを巻いてスタメン出場を果たし、チームは決勝まで勝ち上がったが、惜しくも準優勝に終わった。

     そうして迎えた新シーズン、中井はカデーテAからフベニールCへ昇格。17歳から19歳が在籍するフベニールはC、B、Aの三つに分かれており、年齢に関係なく実力至上主義でカテゴリーを上がれる。その狭き門を突破すれば、今夏に日本代表MF久保建英(マジョルカ)が在籍していたカスティージャ(レアルB)が見えてくる。

     そんななか、今季ともにフベニールCに昇格したモロッコ出身のDFマーベルが自身のインスタグラムを更新。街中で撮影した写真をアップし、ピンクTシャツと白シューズを着用した私服姿の中井も写っている。

     レアル公式サイトには、愛称の「Pipi」で登録されている中井。熾烈な競争が待ち受けるなか、さらなる活躍に期待が懸かる。(Football ZONE web編集部)

    レアル・マドリードの下部組織カデーテAに所属するMF中井卓大【写真:松岡健三郎】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【レアル中井卓大、街中で同僚と撮影! ピンクTシャツと白シューズの私服姿で笑顔 | ニコニコニュース】の続きを読む


    久保レンタルは痛恨? “白い巨人”レアルが今夏に犯した「8つのミス」を贔屓紙が列挙 | ニコニコニュース


    ウェールズ代表FWギャレス・ベイルとコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが残留。「ジダンは彼らのプライドを丸め込み、それを有効活用しなければならない」と指摘している。


    ベイルさんがこの前の試合では大活躍でしたね(・・;)

    ジダン監督は陣容のテコ入れを望んでいたなかで、大物の獲得はアザールのみ

     レアル・マドリードは今季開幕3試合で1勝2分というスタートを切った。日本代表MF久保建英(マジョルカへ期限付き移籍)らの活躍などによってプレシーズンを賑わせたものの、シーズン開幕は昨季とほぼ変わらないメンバーとなっている。これを受け、スペイン紙「マルカ」は「レアルが今夏に犯した8つのミス」を挙げている。

     そのミスとは以下の8つだ。

    1.変革のない陣容
    2.補強費用の使いすぎ
    3.安価なプレーヤーを続々とレンタル移籍
    4.ナンバーワンターゲットを獲れなかったこと
    5.構想外選手を放出できなかった
    6.チーム陣容のバランスの悪さ
    7.カゼミーロの代役不在
    8.3番手センターバックの不在

     陣容については、ジネディーヌ・ジダン監督が改革を求めていた。しかし、今夏のビッグネーム獲得はベルギー代表MFエデン・アザールのみ。ジダン監督が獲得を熱望していたフランス代表MFポール・ポグバマンチェスター・ユナイテッドとの交渉が不調に終わった。

     セルビア代表FWアンテ・レビッチらを獲得して3億500ユーロ(約3507500万円)を補強費として使ったものの、同紙は「エリートではない選手」と切り捨てた。それとともにジダン監督のなかで構想外だったウェールズ代表FWギャレス・ベイルコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが残留。「ジダンは彼らのプライドを丸め込み、それを有効活用しなければならない」と指摘している。

    カゼミーロの代役不在で、有事の際にはチーム力大幅ダウンの可能性も…

     その一方でMFマルコス・ジョレンテ(アーセナル)を手放し、DFセルジオ・レグイロン(セビージャ)、MFマルティン・エデゴー(レアルソシエダ)にレンタル移籍させ、彼らが活躍していることにも触れている。

     補強戦略とともに、チーム陣容のアンバランスさも懸念。特に、泣きどころとなり得るのは中盤センターだ。クロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ドイツ代表MFトニ・クロース、ブラジル代表MFカゼミーロ、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデは実力者だが、この4人しかいない。そして何よりアンカー役についてはカゼミーロ1人だけで、有事の際にはチーム力を損なう可能性がある。

     バルサの後塵を拝し続けたリーガでの覇権奪回が至上命題とされるジダン体制。果たして、この補強への疑問視を払拭できるような戦いぶりを見せられるか。(Football ZONE web編集部)

    今後のレアルにどんな影響があるのだろうか【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【久保レンタルは痛恨? “白い巨人”レアルが今夏に犯した「8つのミス」を贔屓紙が列挙 | ニコニコニュース】の続きを読む


    マジョルカに移籍した久保建英は、どれだけ活躍すればレアル・マドリードに戻れるのか? | ニコニコニュース



    (出典 portal.st-img.jp)


    「マジョルカの戦術面をすべて担当するぐらいの"王様"にならないと。特に古巣のバルセロナとの対戦では、向こうもかなり意識して彼を潰しにかかってくるでしょうから、どう対応するか興味深いですね」(後藤氏)

    バルサとの対戦は考えただけで凄く興奮しますね(*゚∀゚*)

    複数クラブによる争奪戦の末、レアルと同じスペイン1部マジョルカに期限付き移籍した久保。※写真はイメージです
    複数クラブによる争奪戦の末、レアルと同じスペイン1部マジョルカに期限付き移籍した久保。※写真はイメージです

    レアル・マドリードのカスティージャ(Bチーム)に籍を置き、今季はスペインの3部リーグプレーするとみられていた久保建英(たけふさ)が一転、同1部リーグのマジョルカへ期限付き移籍した。

    マジョルカは1990年代終盤から2000年代初頭にかけて1部で躍進したが、近年は低迷。昨季、2部リーグプレーオフを制し、今季ようやく1部復帰を果たした。

    当然、戦力は他チームより劣り、シーズン中は格上相手の対戦が続くことになる。そんなチームへの移籍を決断したことは、久保にとって正解だったのか。サッカージャーナリストの後藤健生(たけお)氏が言う。

    レアルトップチーム、カスティージャ、1部の他チームへのレンタル選択肢の中では最善の道でしょう。レアルトップにいれば世界の一流選手と練習できるメリットはあっても、実戦出場は難しい。カスティージャならコンスタントに試合に出られたでしょうが、そのレベルが高くない上に、3部となると荒っぽい選手が多く、ケガを負わされるリスクもあった。その点、ほかの1部チームへのレンタル移籍なら、レベルの高い試合を数多く経験することで自身が成長できます」

    とはいえ、久保にとってスペイン1部でのプレーは初めての経験で、なんといってもまだ18歳。そもそもマジョルカで先発の座をつかめるのか? サッカージャーナリストの小宮良之氏が語る。

    「今季開幕前、彼はレアルトップチームに帯同してプレシーズンマッチに出場しましたが、クラブ内はもとより、メディアからの評価が非常に高かったんです。『マルカ』や『アス』といった辛口の地元紙さえ絶賛しましたし、知り合いのスペイン人記者たちも『こんな選手がいたんだ』と驚いていました。そういう存在なのですから、昇格したばかりのマジョルカではただレギュラーとしてプレーするだけでなく、主力にならなければ。本人はそのつもりで移籍したはずですし、私もチームの中心になるのは間違いないとみています」

    もっとも、久保が将来的に見据えているのはマジョルカで主力になることではなく、あくまでレアルトップチームでのプレー。その目標を実現させるため、彼はどんなノルマをクリアする必要があるのだろう。

    「単にチームの中心選手になるだけでは、レアルが久保を呼び戻そうという気にはならないでしょう。マジョルカの戦術面をすべて担当するぐらいの"王様"にならないと。特に古巣のバルセロナとの対戦では、向こうもかなり意識して彼を潰しにかかってくるでしょうから、どう対応するか興味深いですね」(後藤氏)

    「少々活躍しても、チームが降格してしまうようではレアル復帰は無理です。マジョルカを1部残留させる、勝利を決定づけるプレーを何度も見せるのが最低条件。それができなければ来季以降も他チームへの期限付き移籍を繰り返し、二度とレアルへは戻れないかもしれません。ただ、彼はマジョルカ1部残留の立役者となれるだけのポテンシャルを間違いなく備えている。私はかなりやれそうな予感がしているんです」(小宮氏)

    果たして久保は今季、マジョルカの英雄となれるのか?

    複数クラブによる争奪戦の末、レアルと同じスペイン1部マジョルカに期限付き移籍した久保(※写真はイメージです)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【マジョルカに移籍した久保建英は、どれだけ活躍すればレアル・マドリードに戻れるのか? | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ