久保建英・速達まとめたる

最新の久保建英に関するニュースはこちら。久保建英ニュース記事一覧。クラブだけではなく家族や生活に関する記事もお伝えします!あなたが知りたい情報が見つかるかも!

    2019年08月


    「もっとギラギラ」森保監督が久保にさらなる期待 | ニコニコニュース


    「期待することは日本のために自分の持っているものすべてを出し切る。彼自身もっともっと成長するためにギラギラしているものを出してもらえれば」と言及した。

    今以上にギラギラしたらどうなるんですかね(´⊙ω⊙`)

    8月30日、『キリンチャレンジカップ2019』パラグアイ戦、『2022ワールドカップ アジア2次予選』ミャンマー戦に臨む日本代表メンバーが発表された。森保一監督は「これまで代表監督に就任してからベストメンバーということで選考した」と今回のメンバーについて明かした。

    【チケット情報はこちら】

    日本代表23名のメンバーは以下の通り。
    【GK】川島永嗣(ストラスブール)、権田修一(ポルティモネンセ)、シュミットダニエル(シントトロイデン)
    【DF】長友佑都(ガラタサライ)、吉田麻也(サウサンプトン)、酒井宏樹(マルセイユ)、植田直通(セルクル・ブルージュ)、安西幸輝(ポルティモネンセ)、畠中槙之輔(横浜FM)、冨安健洋(ボローニャ)
    【MF】原口元気(ハノーファー)、柴崎岳(デポルティボ)、遠藤航(シュツットガルト)、伊東純也(へンク)、橋本拳人(FC東京)、中島翔哉(ポルト)、南野拓実(ザルツブルク)、板倉滉(フローニンゲン)、堂安律(アイントホーフェン)、久保建英(マジョルカ)
    【FW】永井謙佑(FC東京)、大迫勇也(ブレーメン)、鈴木武蔵(札幌)

    代表監督に就任してから1年、これまでの歩みについて、指揮官は「確実にチームレベルアップができている。チームの戦い方、戦術の浸透、選手たちは互いのイメージ、心がつながり合うような意思統一もできている」と評価した。

    パラグアイ戦、そしてミャンマー戦に向けては「ミャンマー戦は勝利を目指して戦う。パラグアイ戦も勝ちにこだわって試合をするとともに、ミャンマー戦に向けたいい準備ができれば」と意気込んだ。

    さらに久保に対する評価を問われると、森保監督は「6月の『キリンチャレンジカップ』や『コパ・アメリカ』というレベルの高い大会でプレーし、彼のクオリティが代表の戦力になるということで招集した。コンディション的には問題ない。あと本人のメンタルも充実している。期待することは日本のために自分の持っているものすべてを出し切る。彼自身もっともっと成長するためにギラギラしているものを出してもらえれば」と言及した。

    そして、『W杯予選』でのプライオリティを質問されると、監督は次のように答えた。

    「やりたいことはいっぱいある。今までやって来たベースチームで確認しながら、ベースを厚くする高くするということ。『アジア予選』を経験し、さらに成長していけば、必ずいい結果につながると思っている」

    日本代表は『キリンチャレンジカップ2019』で9月5日(木)・茨城県立カシマサッカースタジアムにてパラグアイ代表と対戦。チケット発売中。10日(火)にはアウェイでの『W杯アジア2次予選』初陣のミャンマー戦に臨む。

    森保一日本代表監督


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「もっとギラギラ」森保監督が久保にさらなる期待 | ニコニコニュース】の続きを読む


    W杯予選初陣へ、日本代表「最新序列」 久保建英は“最強スタメン”に食い込めるか? | ニコニコニュース


    久保さんは出場されるんですかね(´⊙ω⊙`)

    30日に9月シリーズの代表メンバー23人を発表、コパ・アメリカから7人継続招集

     森保一監督率いる日本代表は、いよいよ2022年カタールワールドカップ(W杯)に向けたアジア予選初陣に臨むなか、8月30日に代表メンバー23人が発表された。7大会連続W杯出場に向けた長き道のりの第一歩となるが、現時点での“最新序列”はどうなっているのか。リストアップされたメンバーを元に各ポジションの序列を見ていく。

     日本代表9月5日キリンチャレンジカップでパラグアイと対戦後、同10日にW杯アジア2次予選でミャンマー(ヤンゴン)と戦う。9月シリーズに向けて23人のメンバーが発表され、海外組19人、国内組4人の内訳となった。6月のコパ・アメリカから7人が継続招集されている。

     ポジション別に見ると、GK陣はいつもの顔ぶれとなった。コパ・アメリカ前まで3試合連続起用されていたシュミットダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)は、指揮官の期待値も含めて序列最上位か。権田修一(ポルティモネンセポルトガル)、川島永嗣(ストラスブール/フランス)と続く形となりそうだ。

     純粋な右サイドバックはDF酒井宏樹マルセイユフランス)のみ。DF冨安健洋(ボローニャ/イタリア)は新天地で右サイドバックとして起用されており対応可能だが、日本代表ではCBが主戦場となる。一方、左サイドバックはDF長友佑都ガラタサライトルコ)が不動で、今夏に鹿島アントラーズから欧州へ飛び出たDF安西幸輝(ポルティモネンセポルトガル)が控える形だ。

     センターバックはDF吉田麻也サウサンプトンイングランド)と冨安が“鉄板コンビ”だろう。DF植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)とDF畠中槙之輔(横浜F・マリノス)がバックアッパーに回る。

    2列目の序列最上位は“森保チルドレン” 久保はトップ下か右サイドでの出場へ虎視眈々

     ボランチはMF柴崎岳(デポルティボ/スペイン)とMF遠藤航(シュツットガルトドイツ)がファーストチョイス。J1首位チームの中盤を支えるMF橋本拳人(FC東京)、コパ・アメリカで経験を積む進境著しいMF板倉滉(フローニンゲンオランダ)がセカンドチョイスとなる。

     2列目の序列はこれまでと同様、“森保チルドレン”が最上位だ。右がMF堂安律(PSVオランダ)、左がMF中島翔哉ポルトポルトガル)、トップ下がMF南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)という並びは今のところ揺るぎない。そのなかで左のMF原口元気ハノーファードイツ)、右のMF伊東純也(ヘンク/ベルギー)はポジションを争う。また、連日話題を提供するMF久保建英(マジョルカ/スペイン)もトップ下を主戦場に、右サイドでも能力を発揮するなか、虎視眈々と出場を狙う。

     1トップエースFW大迫勇也ブレーメンドイツ)が主軸を担う一方、スピードを武器に6月9日の国際親善試合エルサルバドル戦で2ゴールと活躍したFW永井謙佑(FC東京)、急成長を遂げるFW鈴木武蔵(札幌)が続く。

     現状ではGKシュミット、DF酒井・冨安・吉田・長友、MF柴崎・遠藤・堂安・南野・中島、FW大迫が“最強スタメン”か。そこに誰が割って入るかが注目ポイントの一つだろう。果たして森保ジャパンはW杯アジア予選の初陣を白星で飾り、順調な第一歩を踏み出せるだろうか。(Football ZONE web編集部)

    最新の日本代表の各ポジション序列(◆はコパアメリカから継続選出)【画像:Football ZONE web】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【W杯予選初陣へ、日本代表「最新序列」 久保建英は“最強スタメン”に食い込めるか? | ニコニコニュース】の続きを読む


    「海外組総動員」 日本代表W杯予選メンバーに韓国衝撃「久保抜擢…国内組わずか4人」 | ニコニコニュース


    「W杯アジア2次予選から海外組を総動員する雰囲気だ。Jリーグでプレーする選手は4人しかいない」と報じている。


    どちらかというと海外勢の方が動きのキレとかありますしね。



    30日に9月シリーズ日本代表メンバー23人を発表、韓国メディアが“構成”に反応

     日本サッカー協会は30日、9月5日キリンチャレンジカップのパラグアイ戦(鹿嶋)と同10日の2022年カタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選ミャンマー戦(ヤンゴン)の日本代表メンバー23名を発表した。そのメンバー構成を受けて「海外組総動員」と衝撃を受けているのが韓国のサッカー専門誌「ベストイレブン」だ。

     9月からカタールW杯アジア2次予選がスタートするなか、森保一監督率いる日本代表は同5日のキリンチャレンジカップ・パラグアイ戦を経て、敵地ミャンマーへ乗り込む。今回発表されたメンバー23人の内訳は海外組が19人、国内組が4人となっており、新天地に移籍したばかりのMF久保建英(マジョルカ)やMF堂安律(PSV)らも招集されている。

     そのなかで「日本代表メンバーを発表……久保抜擢、国内組わずか4人」と伝えたのが韓国のサッカー専門誌「ベストイレブン」だ。記事では「W杯アジア2次予選から海外組を総動員する雰囲気だ。Jリーグプレーする選手は4人しかいない」と報じている。

    「今回のリストでは、最新日本サッカー界で大きな注目を浴びている久保をはじめ、ヨーロッパプレーする選手たちを総動員した。サラゴサに加入した香川真司などは選外となったものの、招集可能な欧州組をすべて稼働させている形だ」

     そのなかで「森保監督の招集を受けた国内組は4人」とJリーグ組にも触れ、「J1リーグ首位のFC東京プレーしているMF橋本拳人、ベテランストライカーの永井謙佑、最近日本で注目されているDF畠中槙之輔、北海道コンサドーレ札幌の主砲・鈴木武蔵だけだ」と記している。

     韓国代表は9月5日に国際親善試合でジョージア代表、同10日のカタールW杯アジア2次予選でトルクメニスタン代表と対戦する。今月26日に発表された韓国代表メンバー26人のうち、国内組は10人だった。8割以上が海外組となった今回の日本代表メンバーに韓国メディアも驚きを隠せなかったようだ。(Football ZONE web編集部)

    代表選出された(左から)FW永井、MF橋本、DF畠中、FW鈴木【写真:浦正弘 NAGANO】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「海外組総動員」 日本代表W杯予選メンバーに韓国衝撃「久保抜擢…国内組わずか4人」 | ニコニコニュース】の続きを読む


    マジョルカ久保建英、次節バレンシア戦でデビューか 指揮官明言「チャンスはある」 | ニコニコニュース



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    「彼らはどちらもこの1週間でいいトレーニングを積んでくれた。そしてメンバー入りを果たすチャンスはある」


    出場するんですかね(´⊙ω⊙`)
    楽しみですね!

    現地時間9月1日、アウェーでのバレンシア戦でメンバー入りの可能性高まる

     レアル・マドリードからマジョルカに期限付き移籍を果たした日本代表MF久保建英は、リーガ・エスパニョーラでの初陣がいつになるか注目を集めている。スペイン紙「マルカ」によると、その第一歩は現地時間9月1日に行われるバレンシアとのアウェーマッチとなる可能性が高まってきたという。

    「タケフサ・クボは日曜日に行われるバレンシア戦への遠征で、マジョルカでのデビューを飾ることになりそうだ」

     このような記事タイトルで紹介されているのは、マジョルカ加入後1週間にわたって久保がトレーニングに励み続けたこと、そしてチームを預かるビセンテ・モレノ監督のコメントだ。久保とともに今季新加入となったフランス人MFヤニス・サリビュルにも言及する形でこのように話している。

    「彼らはどちらもこの1週間でいいトレーニングを積んでくれた。そしてメンバー入りを果たすチャンスはある」

     このように明言している。モレノ監督は31日朝に行われるトレーニングを経て、バレンシア戦の遠征メンバーを発表する予定で、FWアリダイ・カブレラやFWアブドン・プラッツといった前線の選手がメンバー外となると見られている。久保やサリビュルが彼らに代わる存在になるというわけだ。

     リーガでも屈指の名門と知られるバレンシア。その本拠地であるメスタージャで背番号26の久保が出場する瞬間は訪れるのか――。目が離せない一戦となる。(Football ZONE web編集部)

    バレンシア戦でデビューの可能性が高まったマジョルカMF久保【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【マジョルカ久保建英、次節バレンシア戦でデビューか 指揮官明言「チャンスはある」 | ニコニコニュース】の続きを読む



    (出典 blog-imgs-113.fc2.com)


    どちらかと言うと久保さんに期待する人が多いですよね(・・;)

    自分もそうでしたが、阿部さんの方が先にゴールを決めましたしこのままお二人には沢山活躍してもらいたいですね!


    1 豆次郎 ★ :2019/08/29(木) 20:18:43.11 ID:dCuhjIr39.net

    8/29(木) 18:50配信
    Football ZONE web
    世界からも注目が集まった久保のレアル移籍と安部のバルサ移籍

    久保と安部、活躍するのはどっち? スペイン人記者が回答「選手として好きなのは…」

     今夏の移籍市場では、“スペイン”が日本で大きなトピックになった。日本代表MF香川真司はサラゴサ、同FW岡崎慎司はマラガ、同MF柴崎岳はデポルティボへと移籍した。とりわけスポットライトを浴びたのは、レアル・マドリードに加入し、マジョルカに期限付き移籍した同MF久保建英、バルセロナに加入し、今季はBチームでプレーする同MF安部裕葵の2人だろう。スペイン人記者は「久保と安部のどちらが活躍できそうか?」という質問に対し、自身の見解を示している。

     23日にJ1リーグ第24節サガン鳥栖対ヴィッセル神戸(1-6)が行われ、この試合をもって元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが現役を引退した。ラストマッチの対戦相手である神戸には、スペイン代表で長く共闘した同MFアンドレス・イニエスタ、同FWダビド・ビジャが在籍。レジェンドの最後の共演が実現したなか、現地取材に訪れていたリーガ公式のルーベン・ゴンザレス記者を直撃し、いくつかの質問をぶつけた。

     久保と安部について触れつつ、「どちらの選手のほうがスペインで活躍できそうか?」と尋ねると、しばらく悩んだ仕草を見せ、「んー…なかなか悩ませる質問をするね、君は(笑)」と笑顔を見せた。「今の段階だと正直見極めるのは難しいね。1部の土俵に並んだうえで判断できるものだろうから」と語った一方、日本人選手がスペインでトレンドとなっていることについても言及した。

    「スペインのクラブはすでに日本人選手が可能性を秘めていることに気づいている」

    「ただ、スペインのクラブはすでに日本人選手が可能性を秘めていることに気づいている。 もちろん文化も言語もフットボールも異なるけど、日本人選手のポテンシャルには熱視線が送られているし、 香川真司や、デポルティボに行った日本人(柴崎)もそうだけど、本当にクオリティーに溢れている。 スペインは他のリーグ以上にクオリティーを重視するから」

     一通りの質疑応答が終わった後、ゴンザレス氏は再び考え込む様子を見せると、「あくまで個人的な意見になってしまうけれど」と前置きした上で、「選手として好きなのは、久保のほうかな。ボールを持ったとき、本当にワクワクさせられるから! プレーもスペイン向きだと思う」と回答。あくまで好みの比重が大きいが、同氏は久保が垣間見せる閃きに太鼓判を押していた。日本としてもちろん、どちらの選手にも輝いてほしいところだ。

    Football ZONE web編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190829-00213523-soccermzw-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【サッカー】久保建英と安部裕葵、活躍するのはどっち? スペイン人記者が回答「選手として好きなのは…」】の続きを読む

    このページのトップヘ