久保建英・速達まとめたる

最新の久保建英に関するニュースはこちら。久保建英ニュース記事一覧。クラブだけではなく家族や生活に関する記事もお伝えします!あなたが知りたい情報が見つかるかも!


    「ゴールから逆算したプレーにあり、常に仕掛ける意識があること。今は堂安より久保が上」 W杯予選初陣での先発起用を金田氏が推奨、その理由は? | ニコニコニュース


    「久保は前を向くボールコントロールが抜群に上手く、ファーストタッチで全部仕掛ける。しかもドリブルでもパスでも、すべて同じフォームから繰り出せる。これは対峙する相手DFからすれば厄介だ。」


    ファーストタッチが上手い人ってその後のプレーの質も凄いですよね(・・;)しっかりと受けるときにどこに置くとかも考えてプレーされてるんですかね。



    パラグアイ戦での2人のプレーを分析 堂安は「悩んでいるようにも見える」

     昨夏のロシアワールドカップ(W杯)後に就任した森保一監督の下、日本代表2022年カタールW杯に向けた戦いをスタートさせる。10日の敵地ミャンマー戦(ヤンゴン)から、いよいよアジア2次予選が幕明け。日本のグループFは、そのほかにタジキスタンキルギスモンゴルと比較的組分けに恵まれたとはいえ、W杯予選の舞台は実力差を覆す“何か”が起きる怖さが存在する。

     そんな負けられない戦いに臨む現在の日本代表において、生命線と言えるのが発足当初から前線を支える4人だ。不動の1トップであるFW大迫勇也ブレーメン)を頂点に、2列目は左からMF中島翔哉ポルト)、MF南野拓実(ザルツブルク)、MF堂安律(PSV)の3人が並ぶ。個々が高い技術を誇るだけでなく、“カルテット”として阿吽の呼吸を見せており、華麗なコンビネーションで相手ゴールを強襲。そのスピード感は、これまでの日本代表ではあまり見られなかったものだ。

     現役時代に“名ドリブラー”として名を馳せ、日産自動車(現・横浜F・マリノス)の黄金期日本代表の一員としても活躍した解説者の金田喜稔氏も、4人が見せる連係を「抜群のバランス感覚と距離感が素晴らしい」と称賛する。そのうえで、5日に行われた国際親善試合パラグアイ戦(2-0)では、1人の選手のプレーが気になったという。

    カルテット全体で考えれば、堂安は外せない駒。中島や南野との絡み、中へ動いて右サイドバックの酒井を上げるタイミングなどには、やはり上手さを感じる。でもパラグアイ戦では軸足が間に合わずシュートを打てない場面や、最後のところでコントロールミスが出たり、少し粗いなと……。自身のプレースタイルについて、悩んでいるようにも見える」

     金田氏が現在の堂安のプレーを見て、“悩んでいる”と指摘したのはパスを受ける際の動きだ。「かつてのような仕掛けの迫力がない」と語った金田氏は、次のように続ける。

    「彼はフィジカル能力が高く、相手を背負ってキープができる選手だ。パスを受ける前に、まずはマークしてくる相手に体をぶつけてボールを取られないことを選ぶ。そのプレー自体が悪いと言うわけではない。ただ、最近はもっと簡単にできる場面、ファーストタッチターンをして、次に仕掛けるボールコントロールができる場面でも、無理に相手が詰めてくるような持ち方しかしていないように見える」

    「“一歩目の躍動感”を相手に見せられるかで、プレー選択肢の幅は変わる」

     金田氏によれば、以前の堂安であれば横パスやバックパスを選択するにせよ、まずはファーストタッチで前を向き、対峙した相手に縦へ行くと見せかけるような動きが多かったという。しかし、オランダで体格の大きな相手と戦う機会が多いためか、そうした仕掛けるプレーが減り、パラグアイ戦を見る限りはボールロストをしないことが優先されるプレーが増えていたと指摘する。

    「もちろん、ボールを取られない持ち方の良さはある。ただ、攻撃側が“取られないスタイル”でボールを持つと、守備側は“取れるかもしれない”と間合いの距離をもっと近づけてくるもの。そうなるとますます、横パスやバックパスの選択肢しかなくなってくる。前を向ければ、局面の展開は絶対に変わる。前を向いて仕掛けられれば相手を下げることができるし、先手を取れればアウトサイドを使って切り返して逆にも行ける。

     “一歩目の躍動感”を相手に見せたうえで次のプレーへ移行するのか、それとも常に“安パイ”のキープから入るのか。ファーストタッチの姿勢によって、その後のプレーの幅は大きく変わってくる」

     これに対し、パラグアイ戦の後半から堂安に代わって右サイドハーフに入った久保は、こうしたファーストタッチの上手さを見せている。以前から金田氏は、久保はトップ下ではなく右サイドが適正ポジションと語っていたが、その理由の一つが“ゴールから逆算したプレー”にあり、常に仕掛ける意識があることを挙げていた。

    「久保は前を向くボールコントロールが抜群に上手く、ファーストタッチで全部仕掛ける。しかもドリブルでもパスでも、すべて同じフォームから繰り出せる。これは対峙する相手DFからすれば厄介だ。左サイドの中島とともに、2人とも縦にドリブルで運べるし、パス出し役として起点にもなれる。今のプレーを見る限り、堂安より久保のほうが上。右サイドファーストチョイスが久保になっても、全く不思議ではないだろう」

    堂安の“使われる動き”を評価 「ダイアゴナルに走れる力は大きい」

     もっとも、「久保は使われる選手ではない」とも金田氏は語る。「堂安はダイアゴナルに走れる力は大きい。久保はそれをあまりやらない」と指摘するように、現在の日本代表では左の中島が攻撃の起点になるシーンが多いため、全体のバランスを考えれば効果的なフリーランニングができる堂安のほうが監督としては計算がしやすいのかもしれない。

     パラグアイ戦の後半、連動性を失ったチームのなかで再三にわたってチャンスを作った久保を「異次元。別格です」と絶賛した金田氏。得点を奪えなかったことや守備面における課題はあるものの、格下であるミャンマーとのW杯予選初戦で久保をスタメンに抜擢する価値はあると語った。

     21歳の堂安と18歳の久保。若き2人のレフティーが日本代表で共存する道はもちろん存在するが、今後右サイドレギュラーの座を巡り、ハイレベルバトルを繰り広げていくのかもしれない。

    PROFILE
    金田喜稔(かねだ・のぶとし)

    1958年生まれ、広島県出身。現役時代は天才ドリブラーとして知られ、中央大学在籍時の77年6月の韓国戦で日本代表デビューし初ゴールも記録。「19歳119日」で決めたこのゴールは、今も国際Aマッチでの歴代最年少得点として破られていない。日産自動車(現・横浜FM)の黄金期を支え、91年に現役を引退。Jリーグ開幕以降は解説者として活躍。玄人好みの技術論に定評がある。(Football ZONE web編集部)

    日本代表MF堂安律と同じくMF久保建英【写真:高橋学】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「ゴールから逆算したプレーにあり、常に仕掛ける意識があること。今は堂安より久保が上」 W杯予選初陣での先発起用を金田氏が推奨、その理由は? | ニコニコニュース】の続きを読む


    「すべての目が彼を見る」 日本代表MF久保、“記者殺到”の注目度にリーガも関心 | ニコニコニュース


    リーガ公式インスタグラムも、「すべての目が彼を見る」と綴り、現地ミャンマーで取材対応した際のシーンと思われる写真をアップ。久保の生の声を録ろうと、複数のボイスレコーダーが向けられており、その注目度の高さにスペインでも関心が寄せられている。投稿のコメント欄には「天性の才能」「マドリードの未来」といった声が海外ファンから上がっていた。


    一番注目される選手ですね(゚ω゚)

    記者の手が伸び、ボイスレコーダーで久保の声を録ろうとする様子をリーガ公式が公開

     森保一監督率いる日本代表は、10日にカタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選のミャンマー戦(ヤンゴン)に臨む。本大会への切符を懸けた長い道のりの初陣は、敵地での厳しい環境での戦いを強いられるが、大きな期待が寄せられるのが18歳のMF久保建英(マジョルカ)だ。リーガ・エスパニョーラ公式インスタグラムも「すべての目が彼を見る」と、その注目度の高さに関心を寄せている。

     今夏に名門レアル・マドリードへ移籍し、同じスペイン1部マジョルカへレンタル8月31日リーグ第3節バレンシア戦(0-2)で日本人史上最年少(18歳89日)でリーガデビューを果たし、9月の日本代表活動へ合流した。

     5日の親善試合パラグアイ戦(2-0)でも後半45分間のプレーチーム最多タイのシュート5本を放つなど果敢な姿勢を見せた久保。自身初のW杯予選となるが、周囲の期待はやはり大きい。

     リーガ公式インスタグラムも、「すべての目が彼を見る」と綴り、現地ミャンマーで取材対応した際のシーンと思われる写真をアップ。久保の生の声を録ろうと、複数のボイスレコーダーが向けられており、その注目度の高さにスペインでも関心が寄せられている。投稿のコメント欄には「天性の才能」「マドリードの未来」といった声が海外ファンから上がっていた。

     ミャンマー戦でW杯予選デビューとなるのか、その一挙手一投足に世界が注目している。(Football ZONE web編集部)

    日本代表MF久保建英【写真:高橋学】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「すべての目が彼を見る」 日本代表MF久保、“記者殺到”の注目度にリーガも関心 | ニコニコニュース】の続きを読む


    久保建英や堂安も参戦!日本代表のリフティングがおもしろい | ニコニコニュース


    うん?見れないですかね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

    自分だけですかね。



    ミャンマーとのワールドカップ予選初戦を控えている日本代表

    本日10日にヤンゴンで行われる試合に向けた練習の様子が公開されている。

    久保建英らを含めたリフティングでのボール回しをチラ見してみよう!(動画19秒~)

    参戦したのは、久保、吉田麻也原口元気 、板倉滉、堂安律。

    前に触った人が言った数(1か2)でボールタッチをしていくというもので、なかなか楽しそう!大迫や柴崎も後ろからその様子を見守っていたぞ。

    注目の一戦は10日21時20分にキックオフされる。

    久保建英や堂安も参戦!日本代表のリフティングがおもしろい


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【久保建英や堂安も参戦!日本代表のリフティングがおもしろい | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ